メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

お客さまの声

当協会のセミナーを受講された方は
このような変化を手に入れております!!

※音声が聞けない方の為に、音声から一部抜粋してテキストで説明しています。

経験年数の差がなく学べる場で、すごくいいところです!

作用療法士 安倍先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:痛みの訴えに対して治療を行うのですが、その場では良くなっても次の日には元に戻ってしまいます。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:「筋膜のつながり」「患部に原因はない」ことを学べ、臨床での見方が変わりました。実際にセミナーを受けた後は、痛みの戻りが小さくなっています。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:ホームページでの「疼痛」についての説明に「受けた方が良い!という熱さや情熱を感じたからです。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:みんなで一緒に効果を体感でき、経験年数など関係なく、得られるものがある場だと思います。

 

治療の幅が一気にひろがりました!

理学療法士 中村先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:内臓などの内科的な痛みや骨転移による痛みなどに対して治療ができず悩んでいます。また、ヘルニア、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰などの「痛み」に対してのアプローチで、どうしても解決出来ない部分があったため受講しました。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:筋膜や内臓といったことのつながりを感じることができ、今後の臨床での引き出しが増えました。そして「骨盤へのアプローチ」など、ここで学んだことを病院に戻って早く試したいと思います。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:私が悩んでいた整形疾患での疼痛に対するアプローチ、痛みに対して治療をしたいと考え探していたら、セミナーの実績がとても充実していたので受講しようと考えました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:私の受講のきっかけである「内臓由来の痛み」や「しびれ」に対するアプローチが学べ、「痛み」に対しても効果わかるので、迷っている方には凄い良いと思います!!

 

痛みを取るという事に特化した必須セミナー!

理学療法士 木村先生
プロフィール3年目病院一般・療養80から90歳の方がメイン。そのなかでも急性期と整形や脳血管をみている

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:脳血管や整形疾患のミックスの方をみることが多く、とくに維持期であれば 慢性的な痛み、腰や肩の痛みプラス頸部骨折での手術後の痛み。それぞれ痛みの原因を追求していくのも難しいですし、混ざっている人もいて判別が難しい。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:脳梗塞の方でぶん回し、振り出しにおいて臀筋が関与しているときいて、 PNFなど普段をつかっていたが、殿筋の調整をしてみようと思いました。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:もともとは紹介で、痛みのセミナーで特化していて、患者さんからも感謝されやすいから。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:痛みをとってあげると感謝されやすいので、そこを特化した勉強会なので、 ぜひご参加頂ければと。

 

即臨床に使える実践的な知識や技術が手に入る!

宮本先生
プロフィール:総合病院 脳血管の方 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:脳卒中の方でしびれがとれなかったりすること。とくに麻痺側の上下肢。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:斜角筋からのしびれを学び。姿勢からくるしびれがあること学びました。こ れから中枢性のしびれと姿勢からのしびれをわけて考えていかなければならないと学びました。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:大腿骨頸部骨折の術後のセミナーを受講して、受講内容を実践したところ即効果が現れたので。具体的には、股関節の痛みがとれたり、殿筋の出力があが ったり。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:こちらのセミナーでは、即臨床に使える実践的な知識や技術が手に入るので、迷っている方いたらぜひ受講してみてください。

 

動作でも疼痛軽減できることがわかった!

サトウ先生
プロフィール:急性期病院 理学療法士 循環器など多岐にわたる

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:どの疾患の方でも痛みでうごきたくない方や、リハビリをやりたくない方がいらっしゃいます。また介助量が多い方。そのような方の介助量軽減をしたいです。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:今まで痛みのある方で、うごく前から痛いかたで、その場でよくなっても、動きにつながらないことが多かったです。以前から動画をみて、荷重時痛や各動作で疼痛誘発動作があり、動作でも疼痛軽減できることがわかった。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:疼痛と動作をどうにかしたかった。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:うごくときから患者さんから痛みがある方について、動きたくない方について悩んでおられる方も、すこしこのセミナーに来てもらえるとかわるかなと思われるのでぜひ。

 

患部に原因がないことに衝撃を受けました!

こばやし先生
プロフィール:おもにみる疾患は人工関節の方(股関節や膝関節)、転倒や変形、関節リウマチなどで、整形の方

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:手術直後からにみることがおおくあたって、プロトコルどおりすすむが、1週目から2週目にさしかかるところで、目標とする可動域に達成する事が難しかったり、もうすこしのびたりまがったりするはずだったところがなかなかうまくできない。また動作においても階段昇降時も、もうすこしうまくできないかなと。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:いままで膝がまがりずらいといって、膝ばかりみていたが、最初の説明から膝の患部に原因がないことに衝撃を受けました。膝以外の部分をみなきゃいけないと思いました。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:仕事に慣れてきた。臨床の勉強をしていきたい。痛みや可動域で悩んでいたら、PTOTSTネットで見つけて申し込みました。それまで筋膜のつながりについてすごく浅かったので、ちょうど良かった。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:痛みについて色んな角度から知られることが必要。手術後の方について、変形による痛みは少なくなる。その後、軟部組織、筋肉の影響が強いと考えるので、その知識を深める最初の一歩としては、貴重な体験だと感じました。

 

治療の幅が広がりました!

きもと先生
プロフィール:大阪 2年目理学療法士 急性期 整形が多い。循環呼吸器

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:運動器に興味が有り。スポーツが特に。不定愁訴の方でよくならず。運動療法にもっていけない。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:筋膜について、今まで知らなかった事が多く、これから学んでいきたいと思いました。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:不定愁訴の方を治したいと思い、痛みについて学びたいと思って、調べていたら痛みに特化したセミナーがこのセミナーだったので。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:ひとりで考えると考え方の幅が狭く、文献など調べても治療の幅はなかなか広がらないが、こういったセミナーで視野の幅を拡げる意味で一度受講してみて下さい。

 

これだけわかりやすく効果が出せるセミナーは初めて!

ぬまづ先生
プロフィール:療養病院 高齢の方が多く外来もやっている理学療法士

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:臨床で痛みの訴えが強い方が外来でよくくる。なかなか痛みがとれず、結果がでず患者さんを困らしてしまう。具体的には脳卒中の方や、事故後の方で、痛みが残ってしまう。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:実際セミナーの中で、筋膜のつながりのなかでアプローチして痛みをとっていける。自分自身勉強会に参加して、これだけわかりやすく効果が出せるセミナーは初めてで、自分のものにできた。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:Facebookをみているときに、友達がいっていたセミナーがこのセミナーだったので、間違いないと思った。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:自分自身臨床での悩みが痛みがとれないことが多く、文献を調べていたがなかなか結果が出ず困っていました。その悩みがこのセミナーをうけ、先生方の話を聞いて、もやもやしていたものの解決の糸口になりそうでした。

 

痛みに対して結果を出せます!

石井先生
プロフィール:柔道整復師1年目 ペインクリニック 痛みの有る患者さんの治療

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:慢性的な痛みや、しびれがとれない(腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)ヘルニアでオペした後しびれがとれない

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:今まで痛みの方に対して、痛みのある患部のみをみていたが、患部以外の部位をみる視点ができた。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:ホームページをみて。痛みについて結果を出せます。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:痛みに対してすぐに結果ができること。自分自身うけてみて結果がでたので、いちどセミナーにご参加下さい。

 

痛みに対して結果を出せます!

こばやし先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:外来の整形で働いて。腰痛が強い方を多く見る。とくにヘルニア、ぎっくり腰等をみることが多い。その部位だけをアプローチするだけでなく、筋膜で違う部位を触りながら治療していくことに興味が有った。

Q:セミナーを受講して解決できたことはありますか?

A:今まで自分がやっていたアプローチプラス骨盤周囲のアプローチを学べた。

Q:セミナーを受講した決め手は何ですか?

A:痛みの悩みに対して解決したかった。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願致します。

A:効果が出ると楽しい。痛みに対してすごく効果的で、痛みで悩んでいる方はぜひ受講されてみてはどうでしょうか。

 

「評価の仕方」に悩んでいる人必見

整体師

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:数撃てばあたるという施術法の為、評価の仕方があいまいで不得意だったのを改善したい。筋肉の緩め方・肩関節の施術が不得意だったので、その点を学びたいと思ったから。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:ネットで検索したら藤井先生のYouTubeが目にとまり、毎日かかさず拝見していたので。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:非常に具体性に富んでいて、評価の仕方や筋肉の触り方を細かく学べたので、私のように評価の仕方で悩んでいる方は、まず受けてみて下さい。

 

筋肉の影響に驚いた!

作業療法士

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:生活に影響する肩の痛みを訴える患者様が多いのですが、痛みが一時的にしか取れず苦い思いをした。大腿骨頸部骨折で入ってきた患者様だったが、いつの間にか肩の痛みを訴えていた。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:肩関節、肩甲上腕関節、肩甲帯を中心にアプローチしていたが、まさか筋肉が影響していたのかと驚いた。筋肉のつながりを実感できたので、明日から患者様に少しでも活かしたい。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:局所的に見ることも大事ですが、色んなところから原因がきていることがあるので広い視野で見ることができるいい機会だと思います。是非受講してみて下さい。

 

アプローチの仕方が増えて治療の幅が広がる!

整形外科・接骨院勤務

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:膝や腰痛で悩む患者様を治療しても症状が改善されなかったり、一度改善しても戻ってしまったりしていた。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:筋膜という治療の選択肢がなく、姿勢を評価してマッサージやストレッチをしていたが、セミナーを受けて治療の幅が広がりました。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:上司が藤井先生のYouTubeを見せて勧めてくれたから。YouTubeを見て治療の流れがしっかりできていて短時間でできると思ったので。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:アプローチの仕方などが増えて、治療の幅が広がるセミナーだと思います。

 

経験値不足を一気に補える!

柔道整復師

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:経験不足で結果を出しきれていない。痺れを訴える患者様が多い。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:疼痛誘発動作をやってみて、大殿筋・大腰筋のアプローチで結果を出すことができた。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:他のセミナーは治療のやり方がメインだが、藤井先生のセミナーは評価を含め治療方法も教えてくれて、一連の流れでやって頂けるというので受講してみました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:藤井先生は結果を出しているし、評価や治療施術の方法を学び自分も結果がでたので、結果がでなくて悩んでいる方は受講してみて下さい。

 

実践的なセミナーで動きを習得できる!

鍼灸師 柔道整復師

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:昔ながらの接骨院みたいにマッサージして終わりではなく、患者さん自体が結果を求めるようになってきたのと、自分自身も結果を出していかないとやっていけないと感じていた。

原因がはっきりしない痛みや、複数個所の痛みの原因をひとつひとつはっきりさせていくのに時間がかかったり、リンクしてこなかったり、一度治ってもまた元に戻ってしまったりするのが悩み。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:全然リンクしてこないだろうと思っていたところが意外にリンクしていたり、患者さん自身に原因が分かっていなくても、こちらでなんとなく動きを見て判断する術を学び、痛みの評価ができるようになった。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:フェイスブックでオススメにあがっていたのでアクセスしてみた。セミナーだけではなく、現場でも結果を出している先生に教えてもらえるのが魅力でした。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:分かりやすくて実技中心で一から基本的なところを分かりやすく学べるセミナーなので、結果が出せなくて悩んでいたり、アプローチの仕方が分からないと悩んでいる先生方は是非受講してみて下さい。

 

変形性膝関節症の方が長距離歩行可能に!

理学療法士 志水先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:既往に変形性膝関節症があり、歩行時の膝の痛みを訴える方が多く思うように改善できない。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:膝の痛みや下肢の痛みがあり長い距離が歩けない方に、ラテラルライン(大殿筋・腸脛靭帯)の調整や斜角筋にアプローチすることで膝の痛みや痺れをとることができ、長距離歩行が可能となった。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:今までは疼痛部位ばかりに目がいきアプローチしており結果がついてこなかったが、セミナーで新たな視点を学ぶことができ、結果がでるようになったので、是非迷ってる方は受けてみて下さい。

 

「痛み重視」に共感

遠藤先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:整形のOPE後の方で、歩けるようになってきてもなかなか痛みがとれない。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:インターネットでセミナーの紹介サイトを見て、痛みに重視している点と共感できるキャッチフレーズがあったため。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:初めは緊張していたけど、先生も若くて和やかな雰囲気でやりやすかった。またやるときはあるとメリハリがよかったので充実していました。

 

治療に自信が持てるようになった!

理学療法士 いちかわ先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:結果がでなかったり、その場ではよくなったと言ってもらえることもあるが、すぐに戻ってしまう。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:今までの治療に自信が持てなかったが、セミナーを受けて再確認できたこともあり自信が持てるようになった。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:痛みに対して興味が強く、患者様も痛みがある方が多いから。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:痛い場所だけにすぐに目が行ってしまうが、違う場所にも問題があることが再認識でき、アプローチができるようなったので、悩んでいるなら是非受けてみて下さい。

 

半信半疑→受講して損は無いと確信

理学療法士

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:肩や膝の痛みを訴える患者さんに患部だけを刺激して痛みを取り除こうとしていた。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:患部だけを刺激して痛みを取り除くのではなく、他の場所を刺激する必要があるということが分かった。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:インターネットで「筋膜リリース」を検索していて、痛みの部位を触らなくても痛みが取り除けると見たので半信半疑でしたが受講してみました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:初めは半信半疑でしたが、治療の幅が一気に広がりました。受講して損はないです。

 

臨床経験が浅い人程効果的なセミナー

理学療法士 糸井先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:OAの方の歩行時や階段の上り降りの際に生じる膝の痛みを訴える患者さんが多く、膝関節に対しての膝蓋骨や可動域など膝中心にしか診ていなかったので、あまり痛みが消えなかったり、一度良くなってもまた痛みを繰り返したりしていた。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:筋膜の繋がりを学び、後脛骨筋や梨状筋に対してアプローチするとその前後に訴えていた歩行の痛みがなくなった。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A:膝の痛みが出た原因は他にあったりするが、アプローチ方法・治療方法が分からないという人は受講すると視野が広がる。少人数で実践向きなのですぐ使えるし、発見が多く、臨床経験が浅い人は知識が増えるので是非受講してみて下さい。

 

患部を触らずに治療する技術があるのに驚き!

理学療法士 杉山 葵先生

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:痛みがトップにあって動けない患者さんに対し、患部だけを治療していたので、なかなか改善されず痛みを繰り返してしまうので、患者さん自身も気分が下がって悪循環になっている。

Q:セミナー受けて解決できたことはありますか?

A:患部を触らずに他のところからアプローチをして治療する事ができるので、患部を触ると痛がる患者さんにも治療できるようになった。本質がそこではないと1から学ぶことができた。

Q:セミナーを受講した決め手はなんですか?

A:インターネットで腰痛を検索して関西 京都でヒットしたので。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方へメッセージをお願いいたします。

A: 1から基本的なことを学ばせていただいて、本質を学ぶことができます。学生でも、臨床のことを考えて是非受講してみて下さい。

 

実技中心で臨床に取り入れやすい手法が学べます!

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:痛みが取り切れていないのに、筋力訓練や生活訓練をしていただくのに抵抗があり、何とかしたいと思っていました。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:大腰筋が硬く寝返り時に腰に痛みを感じる方がいたのですが、アドバンスコースで習った肝臓から緩める手法を試したところ、痛みが大幅に軽減しました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:実技中心で臨床に取り入れやすい手法がわかりやすく学べます。ぜひ来てください!

   

治療の精度があがりました!

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:筋、骨格の悩みはベーシックコースの手法で解決しましたが、気象病と言われているようなものに対応できず悩んでいました。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:内臓からアプローチすることで気象病等にも対応できるようになりました。また、治療スピードが速くなり、治療精度も格段に上がりました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:一歩上のセラピストを目指して一緒に学びましょう!女性もどんどん参加して欲しいです!

   

力に頼らず緩めることができるようになります!

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:リハビリに来た人を施術しても後日また戻ってしまうことです。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:力に頼らず、患者さんに触れることができるようになり、緩むスピードも以前より早くなりました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:身体の深い部分が原因の痛みにもアプローチする方法を学べます!ぜひ進学をお勧めします!

   

以前は効果を出せなかった五十肩治療に大きな変化!

Q:先生の臨床上での悩みを教えてください。

A:五十肩の方に2、3回施術をしたが全く効果がなかった。

Q:セミナーを受けて解決できたことはありますか?

A:タッチが柔らかく、緩むスピードも以前より早くなりました。また、肝臓のアプローチを始めて痛みの戻りがなくなりました。

Q:当協会のセミナーの受講を迷っておられる方にメッセージをお願いいたします。

A:治療の概念が変わり、視野が広くなります!アプローチ方法も変わります!

   
ページ上部へ戻る