メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年8月29日

意外と知られていない大腿骨頸部骨折と腸骨筋の関係

 

illiacus

 

 

 

 

 

 

 

顔

 

 

大腿骨頚部骨折の痛み治療における
悩みの解決とは

 

 

ずばり、

「腸骨筋」です。

 

 

 

普段あまり触れたこともない方も

いらっしゃると思いますが,

意外とここがキーになってます.

 

教科書的な働きとしては

股関節の屈曲・外旋

大腰筋と合わさり,腸腰筋となる

といったところでしょうか。

 

これを臨床で応用すると

インナーマッスルなので,姿勢保持 ですね.

 

起始停止で考えると,大腰筋が腰椎につくのに対して
腸骨筋は腸骨なので,

骨盤を固定しての屈曲にかかわります.

 

これが大腰筋だと腰椎の動きを伴う屈曲なので

腰椎由来なのか,

骨盤由来なのかと区別することができます.

 

 

 

なので

ここの固定がうまく効くと
股関節を振り出した時のかるさであったり
立脚の伸展が変化する結果となります。

 

股関節の伸展がいかない人たっくさんいますし、
臨床でもう少し股関節が伸展できたらいいのになって方
よーけいますので、
ぜひぜひみていってください。

 

 

 

なので、
股関節の伸展の制限因子を
触り分けて
問題点を明確化してみてください。

 

 

そうすることでさらに臨床が深まりますので、

 

 

ほかにも
予備知識としては、
大腰筋が伸展位からの屈曲
腸骨筋が0度からの屈曲に関わりがあるという
文献もあるので、
そういうわけかたでもおもしろいのかなと思います。

 

 

などなど
みる視点を増やして
いろんな方向から考えてみると臨床おもろいですよ。
またつながりのある部分とか。

 

 

例えば大腰筋だけで
とりきれない痛みの原因が実は、、、
っていうこともなきにしもあらずです。
ここも忘れずに治療の展開にもっていくのも
おもしろいと思います。

 

 

僕の臨床で出会う方はこれで
たっくさん変化がおこっているので、

 

みなさんも試してみて下さい。

 

今日はこんな話で終わります。

 

痛みだけでなく、
運動機能にも高められるので、

 

みなさんも是非試してみてみてください。
きっと痛みの治せない原因がそこにあるかもしれません。

 

次回も
痛みに関してまた
お伝えしていきたいと思います。

 

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。。。

 

日本疼痛リハビリテーション協会 東海支部 長村 充

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

http://理学療法士リハビリ研修会.com/daitaikotsu/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る