メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年1月20日

ギックリ腰はこうやって治す

 

ギックリ腰で重要な「腰方形筋」の存在とは?

fotolia_97738419
From 藤井翔悟
兵庫の実家から、、、

本当にギックリ腰急性の疾患なのでしょうか…?

ギックリ腰を、その場でスタスタ歩いて帰れるレベルに治せないなら
それは、ギックリ腰に関する「誤った理解」があるかもしれません、、、

ギックリ腰というものは、僕の経験からするとPTの外来ではあまり来ないんですね。僕が自費診療でやりだしてからギックリ腰の患者さんに会うことが多くなりました。これをご覧になられている柔整師のあなたは、「患者さんはたくさん来ますし、多くの方が困っています」とお思いでしょう。

ギックリ腰に対する考え方云々や治療の仕方って色々賛否両論分かれる所です。ギックリ腰になった患者さんが一番最初に何をするのかというと、整形外科に行ってガッチガチのコルセットを作ってもらったりする人もいますし、「薬を飲んで安静にしておいてください」と言われる場合もあります。救急搬送になったりするケースもあります。

▼目次

  1. ギックリ腰は慢性の症状
  2. ギックリ腰の原因を知る
  3. 筋疲労が溜まりやすい腰方形筋
  4. ギックリ腰でも重要な疼痛誘発動作
  5. 位置をきちんと確認して腰方形筋の押圧
  6. まとめ

ギックリ腰は慢性の症状

fotolia_99478218
実際、温めるほうがいいのか、冷やすのがいいのか、たくさん議論が分かれるギックリ腰なんですが、僕たち疼痛協会は、ギックリ腰に対する明確なアプローチ方法とその結果というものを持っているんですけれども、ギックリ腰はひと言で言い換えると「全身の筋疲労」なんですね。ギックリ腰って、痛み自体は一般的に急性の痛みのような考え方があり、そういった風に捉えられがちです。

疲労が蓄積されていくと、閾値を越えた時に症状として現れます。よくギックリ腰の患者さんの典型的なパターンとしては、「最近忙しくて休む時間がなかった」という方だったりとか、もしくは「子どもが生まれてすごく家事や育児が大変で、夜も夜泣きをされてなかなか寝れなかった」というような方が急に朝起きたら腰が硬くなっていました、という場合を臨床上よく対面するんですけど、「疲労がどんどん蓄積していってある一定の割合を越えた時にギックリ腰になる」と基本的には考えています。

一般的にギックリ腰は急性の疾患とか急性の痛みと思われがちですが、僕たちは「慢性の症状」という風に捉えているんですね。

ギックリ腰の原因を知る

fotolia_112883060
ポイントとしては、「ギックリ腰が筋疲労だから筋による痛み」なのか、もしくは「ヘルニアの急性期とか、脊柱管狭窄の急性期」なのか。後者も結構ギックリ腰っぽい症状が一見出ているんですけど、そういった症状は僕たちの管轄外なので、整形外科のお医者さんに行ってもらって診てもらうほうが治療としては正しい治療になります。

まず初診でいわゆるギックリ腰だと思いこんでいる患者さんの症状が、神経因性のものなのか、もしくは全身の筋疲労なのかというところを鑑別していくスキルが大事になります。

筋疲労が溜まりやすい腰方形筋

fotolia_104150108
ここから実際にギックリ腰に対する治療のアプローチも考えていきます。筋疲労が溜まる代表的な筋としては、今日はまず腰方形筋について考えていこうと思うんですけれども、腰回りの一番深いところにある筋肉なので、痛みだったりちょっとした動きにも腰を固定させるためにすごく重要な働きをしてくれています。

筋疲労などで深いところの部分がガチガチになったりとか、表面が硬すぎて使えてなかったりとか、負担がかかって痛みに繋がったりなどというパターンがあります。腰方形筋を痛みの原因として診ていく必要性があります。

ギックリ腰に対して、腰方形筋を診ていく場合なんですが、結構動きが制限されるので立位で検査するのが一番いいと思います。

ギックリ腰でも重要な疼痛誘発動作

fotolia_109918673
ギックリ腰の触診の仕方ですが、まずは後ろを向いていただいて、起立筋自体を触ってもらう必要性があります。腰方形筋自体は深いところにある筋肉なので、もちろん表面から触れるかというと触れない筋肉になります。なので、広背筋であったり起立筋を介して、評価していく際、疼痛誘発動作をしていく際は、刺激を加えて痛みの原因に引っかかっているのかという部分を診ていきます。

実際のタッチするポイントは、まず第12肋骨を見つけていただきます。ちょうどおへそがあるその横ですね。くびれが出来る部分から外側から内側に向かってライン上に位置していますので、横からキュッと内方向に向けて絞り込んでいきます。

人差し指の内側の部分に第12肋骨の突起の先端が当たると思います。これで第12肋骨の一番下の位置がどこにあるのか確認していきます。

位置をきちんと確認して腰方形筋の押圧

fotolia_134305136
その次ですね、そのライン上の棘突起を探してもらいます。背骨の辺りですね。ちょうどそのあたりにあります。背骨の垂直ラインが分かったら、第12肋骨の位置からキュッと起立筋が摘めると思います。棘突起から、第12肋骨のラインの外側ですね。

そして、第12肋骨のライン上の起立筋の一番外側ですね。ペコっとへこんでいるところがあると思います。ここから親指の先端で、内側方向にギューっと絞っていくと、背筋群、起立筋であったりとか、広背筋を介して、外側から内に向かって腰方形筋を押圧することが出来ます。

この状態で痛みの出る動作を行ないます。例えば前屈して痛いなど、どう痛みが変わるのかというところを評価で診ていくという形ですね。

まとめ

fotolia_93086112
ギックリ腰の患者さんを診ていく上で、腰方形筋を触る注意点ですが、位置が重要です。腰方形筋のライン上に位置しているのか、という部分がすごく大事です。位置が合っていない場合、棘突起の外側とかニ押し外側辺りでグッと押さえても、起立筋だけしか刺激が加わらないので、全然タッチ出来ていないです。

なので、腰方形筋の位置第12肋骨自体の位置がどこにあるのか、くびれが出来るポイントでギュッと内に絞っていって、第12肋骨の位置を探してもらうというのがポイントになります。

ギックリ腰の患者さんで立位で体幹伸展させても何も変わらないので、診る時は、側臥位で一側下肢の屈曲から診ていってください。

今日は以上になります。ぜひともギックリ腰の患者さんに試していただければと思います。

ご質問はこちらまで
japan.painrehabilitation@gmail.com

ー藤井翔悟

PS:今回紹介した疼痛誘発動作など、もっと詳しい内容を知りたい方は下記をクリックして詳細を確認してみてください。

今なら特別動画を無料プレゼント
 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る