メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年11月7日

【ぎっくり腰】温熱療法 VS 寒冷療法 どっちが有効?

 

From 藤井翔悟
京都市の自宅デスクより、、、

 

 

11月に入って
やたら寒い感じになってますけど

 

 

紅葉がすすんで
京都はどんどんきれいになるので
あなたもぜひ遊びに来てください。

 

 

今年僕はたぶん行けないです。
ちょっと個人的な事情でね。

 

 

まぁそんな感じですけど
今日もぎっくり腰について
やっていきましょう。

 

 

ぎっくり腰って何かというと
急性腰痛症といわれてます。

 

 

椎間版ヘルニアや
仙腸関節性障害の急性増悪なども
ぎっくり腰っていいます。

 

 

いわゆる急激に
腰の痛みが増悪する急性腰痛を

 

俗名でぎっくり腰って
いったりするわけなんですね。

 

 

やっぱりまだまだ現場では
非特異的な腰痛と分類されてます。

 

 

つまり原因がわからないケースが
非常に多いんですね。

 

 

なのでとりあえず
痛み止め処方しときましょ、とか

 

 

とりあえずコルセットつけときましょか
だけで終わってしまうのが

 

 

もしかしたら今の医療現場では
多いのではないでしょうか。

 

 

ぼく個人の経験として
うちの整体院に来られる
ぎっくり腰の患者さんは、

 

 

「いろんなところに行ったけど
痛み止めとコルセットだけ処方されて
痛みが引かないので来ました。」

 

 

こんな方が圧倒的に多いですね。

 

 

ですから世の中一般的に
ぎっくり腰に関しての処方や
痛みの原因っていうのが

 

 

まだまだ解明されていないんだと
ひしひしと実感させられます。

 

 

そんな中ぼくが実際に
結果を出しているやり方を
あなたにお話させてもらいます。

 

 

まずは徒手で触っていいのか
これを鑑別することです。

 

 

筋筋膜を使った徒手療法は
ぎっくり腰にもすごく有効なんです。

 

 

ですが
最初の鑑別を間違えてしまうと、、、

 

 

かえって痛みが増悪してしまう、、、
これが非常に多いです。

 

 

じゃあどんな分類なのか。

 

 

中枢性の神経障害による
痛みや痺れだったり。

 

 

もしくは椎間関節の炎症だったり
とかであればこれはアウトです。

 

 

これらはいわゆる
急性期にあたります。

 

 

急性腰痛というその名のとうり
急性期の症状が出ておられる。

 

 

こうゆう方を徒手で治療すると
基本的には増悪します。

 

 

ですから僕の治療院に来られる方で
レントゲンもMRIもとってなければ
基本的には画像を撮ってもらいます。

 

 

そうじゃないとリスクがありすぎて
僕は徒手治療でさわらないです。

 

 

一方でぎっくり腰っていわれてても
実は慢性の筋疲労で腰の痛みが
出てる方もいらっしゃるんです。

 

 

それを見分けるために
問診で絶対聞いていただきたいのは

 

 

ハードワークをしてなかったかです。

 

 

例えば
休憩なく仕事をしていなかったか?

 

 

子供が生まれて寝る間もなく
赤ちゃんの世話をしてたとか。

 

 

あるいは新しい職場で
すごい仕事がきつく
休む暇がなかったとか。

 

 

あとは建築現場でガンガン
力仕事を毎日やりまくってて
腰にきましたとかですね。

 

 

こんな方たち
結構いはると思うんですよ。

 

 

とくに接骨院で働いておられるあなた。

 

 

こういった症例は間違いなく
徒手療法が適応となります。

 

 

どこが原因なのかというと
頸部、殿部、腹部、足部あたりです。

 

 

これらの場所で筋筋膜の滑走が障害されてたり
トリガーポイントがたくさん形成されてたりします。

 

 

で、これらの部位が同時に疲労して
さいごに魔女の一撃が腰にくるんですね。

 

 

でもこちらのぎっくり腰であれば
僕たちが得意とする分野です。

 

 

だから徒手療法がガンガンできますし
初回でスタスタ歩けるようになります。

 

 

なのでまずは

 

 

ハードワークがあったかどうか
問診で聞いてください。

 

 

あとこれよく議論されますが
ぎっくり腰はあっためたほうがいいのか
冷やしたほうがいいのかってありますね。

 

 

さて
あなたはどちらが正解だと思いますか?

 

 

もうお分かりですね、、、

 

 

ー藤井翔悟

 

 

PS:
なぜ柔道整復師がたった1ヶ月で
自費で100万の売り上げを達成できたのか?

週末だけで37万円手に入れる

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る