メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年10月21日

【筋疲労性の五十肩】上腕屈筋と伸筋の重積リリースの有効性

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より…

 

 

最近つくづく思うのは
僕は本当に幸せだということです。

 

 

それはなんなのかというと

 

 

人生において仕事の時間は
2/3を占めると僕は思ってます。

 

 

サラリーマン時代は
朝9時から夕方17時まで
仕事をするわけなんですね。

 

 

それを1週間に5日やるわけですから
ほとんど起きてる内の2/3以上
仕事してるわけです。

 

 

だからそこで求められるのは
クオリティーや質なんですね。

 

 

つまり
わくわくするのか
情熱が注げるのか?

 

 

もしくは自分の魂が
喜べる仕事をしているのかどうか。

 

 

これを考えた時
本当に自分は幸せだと
思えるんですね。

 

 

自分のやりたいことができてるし
世の中に貢献できると信じてるし

 

 

なおかつ会社のメンバーは
素晴らしい人材ばかり
集まってきてくれてるし。

 

 

非常に僕は幸せです。

 

 

役員会議が昨日あったからなのか
あらためて僕は実感しています。

 

 

こんなことを感じながら
今日も動画を撮っていこうと思います。

 

 

で、きょうの話も
五十肩をやっていきます。

 

 

なぜこの話をするのかですけど

 

 

いまの日本で
五十肩の疼痛治療方法は

 

 

見逃がされてる領域が
あると思ってます。

 

 

これをいま
現場で実感しています。

 

 

現場レベルです。

 

 

これはあなたも
勤務されてる現場レベルで
実感されていると思います。

 

 

僕の勤めさせていただいてた
PT時代の病院でも
当時から僕は実感していました。

 

 

もし繊維性結合組織の存在や
患部以外をみることが
一般的になれば、、、

 

 

つまり肩関節以外の場所から
実は痛みが出ているんだと
いう知見がもっと広がっていけば、、、

 

 

日本の疼痛治療が
変わるんじゃないかと
本気で僕は信じてます。

 

 

でもやっぱり
僕は理学療法士だったから

 

 

エビデンスが大事で
研究が大事で、
学会が大事で

 

 

医師が中心で医療が作られてるって
ことはよく実感しています。

 

 

でもやっぱり患者さんからすると

 

 

臨床って
結果がすべてだと思うんですね。

 

 

いろいろ僕たちが
学術発表していみたり
研究発表をしてみても

 

 

患者さんからしてみれば

 

 

「先生それはいいんですけど
わたしの肩の痛みはどうやったら治るの。」って、、、

 

 

これを知りたいわけなんですね。

 

 

そしてそんな患者さんが
どんな先生を選ぶのかといったら

 

 

自分の体に
向き合ってくれて

 

 

結果で納得できる人
だと思うんですね。

 

 

でも残念ですが
僕の治療院のまわりでは
そんな先生はいないようです。

 

 

一番最初に
西洋医学的治療に行ったけど

 

 

それに治療結果に
納得できなかった方が
僕の院にいらっしゃるわけです。

 

 

のでやっぱり
筋膜のつながりだったりとか

 

 

繊維性の結合組織の存在
っていうものが

 

 

もっと患者さんに
貢献できる。

 

 

だからもっと
世の中に広めていくべきです。

 

 

また僕たちコメディカルは
もっともっと自分に

 

 

誇りとプライドを
持つべきですよ。

 

 

できるんですよ!
僕たちにも、、、

 

 

やれるんですよ!

 

 

だから
勉強せんといけないんですよ。

 

 

僕たちに課されてる課題は
すごく重たいと思うんですよ。

 

 

ただの対症療法とか
じゃないですよ。
セラピストって。

 

 

その考え方、まず捨ててください。

 

 

もっと貢献できるってことは
もっと勉強せなあかんし、

 

 

もっと成長しないと
いけないってことを

 

 

あなたと一緒に
やっていきたいと
思っております。

 

 

で、きょうですね

 

 

あなたに見ていただきたい
場所がどこなのかと言いますと

 

 

この上腕部ですね。

 

 

この上腕部の
屈筋と伸筋の重なるところ。

 

 

この辺なんです。
ここを評価してみてください。
・・・詳しくはこちらから、、、

 

 

-藤井 翔悟

 

 

P.S:
疼痛治療のプロ集団が明かす
「筋膜クロスポイント」を使った最新の14の疼痛治療テクニック

詳細はコチラ
*本日23:59までの限定*

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る