メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年11月25日

なぜ、五十肩はマイクロとカフエクササイズでは効果が得られにくい?

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より、、、

 

 

動画はちょっと空きましたけど
最近はライブセミナーという
新たな手法を試しています。

 

 

なので生で
お会いさせていただく機会が
増えてるので嬉しい限りです。

 

そして僕は
相変わらず忙しいです。

 

先月は海外へ2回研修に行き
すごい忙しかったんですけど

 

 

そこでいろんな
アイデアだったり

 

 

次のビジネスをどうすべきか
わかりました。

 

 

ですからそれに向けて
今月は奔走しまくりなので
めちゃめちゃ忙しいんです。

 

 

ぶっちゃけ
やらなくてもいいやんって
嫁にも言われるんですよ。

 

 

「あんたちょっと休みや」

 

 

「そんな東京いかんでもいいやん」
って。

 

 

こんなふうに言われるんですけど

 

 

これしかすることないし
これをやることが生きがい
みたいなものなんです。

 

 

今後は新たな会社を作ったり
新たな事業を作ったり
どんどんやっていきます。

 

 

みなさんぜひ楽しみに
していただきたいと思います。

 

 

今日はね
ほねほね君2号が
ここにいるわけなんです。

 

 

1号は無事、前野真一郎によって
処分されたそうです。
開業からずっといっしょに
1号と京薫でやってきたので
とても寂しいですけど、、、

 

 

これからはこの2号に
愛情を注いでいきます。

 

 

そして2号と
あなたに良いコンテンツを
お届けできればなと思っております。

 

 

こんな感じで
話していってるんですけど、
今日はね、

 

 

肩関節周囲炎の話を
していこうと思ってます。

 

 

肩関節周囲炎というと

 

 

いわゆる腱板不全断裂だったり

 

 

カフが効いてないとか

 

 

アウターを使いすぎてるとか

 

 

いろんな症状があって
テストもたくさんあって

 

 

理学療法士の花形
みたいなとこあります。

 

 

だから肩専門の病院があったり
研究や学会もあります。

 

 

けどやっぱり
肩関節周囲炎って

 

 

なかなか治療が積極的に
行われない時期があったり

 

 

治療のアプローチを
間違えてしまうと

 

 

まったく改善しない
典型なんですね。

 

 

要は
カフエクササイズをやっても
ぜんぜん改善されない方だったり

 

 

セラバンドを使ったり
滑車を使ってもぜんぜん
改善しないんですよ。

 

 

今までの西洋医学的な
肩関節周囲炎の考え方は
関節内ですね。

 

 

肩甲上腕関節いわゆる
肩関節と呼ばれる関節の中に
原因があるという考えのもとに

 

 

治療方法が
考えられていたんです。

 

 

でもやっぱりポイントは
外来で肩関節周囲炎の方を
みていて

 

 

一週間同じアプローチをしても
変化が出ないのであれば

 

 

ぶっちゃけそのやり方
間違えてるんですよ。

 

 

だからマイクロ当てたり
滑車やカフエクササイズをやっても
変化がでないのであれば

 

 

ぶっちゃけた話それ
やりかた間違えてるんですよ。

 

 

筋力がついてきたら
どうのこうの言われる
PTの先生も多いです。

 

 

でも筋力が付いてくるということはね
それで確かに痛みが軽減する症例も
あると思うんです。

 

 

でもね患者さんからすると
筋力が付くまでなんて
待ってられないですよね。

 

 

痛みって時期があるし
速効性が大事だと
僕は思ってるんですよ。

 

 

ブラジャーの紐が
止められないのであれば
すぐにやりりたいし。

 

 

頭が洗えないのであれば
髪の毛を洗えるようになりたい。

 

 

洗濯物が干せないのであれば
すぐ洗濯物を干せるようになりたいと
思っているわけです。

 

 

だから速効性のある
治療方法が欲しいんです。

 

 

関節内の所見から
関節外の所見。

 

 

つまり筋筋膜の
視点を持つことが1点目です。

 

 

プラスアルファ
筋肉を短縮させる方法から
伸張させる方法の視点を

 

 

持っていただきたいなと
僕は思っております。

 

 

そんな中で今日
お話させていただきたいのは
上腕二頭筋腱炎についてです。

 

 

ぜひこの動画を
見てみてください、、、

 

 

-藤井翔悟

 

 

【無料招待は11月30日まで】
*先着10名に
「筋膜リリーステクニックアトラス」をプレゼント!
他にも4つの特典を参加者全員にプレゼントします。

《今すぐ申し込む》

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/rocketnew2/01/

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る