メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年12月8日

文献には載っていない拘縮肩に最も有効なアプローチとは

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より、、、

 

 

今日は臨床で高齢者に多くみられる
拘縮肩についてやっていきます。

 

 

いわゆる肩関節周囲炎ですね。

 

 

拘縮肩だと
PTさんはROMエクササイズですね。

 

 

関節可動域訓練をされる方が
多いと思います。

 

 

関節拘縮から肩の可動域がなくなると
さまざまな問題がおきるからですよね。

 

 

まず2次的に
筋出力の低下を生じさせます。

 

 

そして運動連作によってとなりの関節の
可動域制限をも引き起こします。

 

 

その結果、疼痛が発生し
日常生活つまりADLの低下を引き起こします。

 

 

これが教科書だったり
文献に書いてあることですよね。

 

 

で肩関節ってめちゃめちゃ
関節の数が多いじゃないですか。

 

 

肩関節は20種類の筋肉が付着した
5つの関節からできているんですね。

 

 

20種類くらいの筋肉が
緻密に動くことによって

 

 

肩関節の複雑な動きを
可能にしていると言われています。

 

 

でその筋肉が動かす
5つの関節とは、、、

 

 

肩甲上腕関節
第2肩関節
肩鎖関節

 

 

胸鎖関節
肩甲胸郭関節、、、

 

 

この5つを合わせて
肩関節複合体と呼んだりします。

 

 

でこの5つの肩関節が
スムーズに動かなくなると

 

 

筋肉だけじゃなくて
関節包にも癒着が起きます。

 

 

あるいは
靭帯の伸張性もなくなります。

 

 

こういった理由で
肩ガチガチで動きません!

 

 

この状態を拘縮肩
あるいは凍結肩と呼びます。

 

 

でこれに対して
あなたがどうアプローチするのか?

 

 

これがすごく大事です。

 

 

いわゆる教科書的には
棒体操で肩上げましょねーとか

 

 

セラバンドで広げましょねーとか

 

 

寝てバンザイしましょねーとか

 

 

あとなんか滑車を使ってとか
多いんではないでしょうか。

 

 

んーーー
これぼくの主観なんですけど

 

 

あんまり
ピンとこなくないですか?

 

 

こないでしょ?

 

 

で滑車やったり
棒体操しても

 

 

拘縮肩が良くなるのかというと

 

 

良くならないじゃないですか。

 

 

これなぜかと言うとね

 

 

たとえ
Activeで患者さんが
自分で動かしたとしても

 

 

それ結局
Activeの可動域なんですよ。

 

 

つまり
Active(患者さんが自分で動かす)と
Passive(セラピストが動かす)だったら

 

 

当然
Passiveの方が
可動域が広いんです。

 

 

てことはまず
Passiveでの可動域を広げてあげる。

 

 

これを療法士がしてから
Activeなエクササイズを
するべきです。

 

 

例えば滑車、セラバンド、棒体操ですね。

 

 

セラピストが動かしてから
患者さんが自分で運動する。

 

 

この順番だったらいいんですけど
「とりあえず棒体操やりましょー。」って。
よくデイサービスとかでやってますけど

 

 

ほとんど意味ないですよ。

 

 

維持にはなりますけど
改善にはほど遠いです。

 

 

だから必要なのは
Passiveです。

 

 

こっちが主体的に
動かしていくわけですから、、、

 

 

徒手療法ですよ。

 

 

どれだけあなたが
徒手療法のスキルを持っているか?

 

 

これが療法士のスキルとして
非常に大事になってきます。

 

 

もしあなたが
関節可動域訓練にあきあきしてるなら、、、

 

 

もっと刺激的で
一撃で大きな変化を出したいなら、、、

 

 

安全でなおかつ
効果実証済みの治療方法を知りたいなら、、、

 

 

この続きをしっかりとみてください!

 

 

ポイントは
20もの筋肉が付く
肩甲骨へアプローチすることです!

 

 

-藤井翔悟

 

 

PS:【12/10(日)まで】
療法士が独立開業する方法を知りたい人は他にいませんか、、、

今すぐ無料でセミナーに参加する

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る