メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年3月12日

藤井翔悟が肩痛になったら腋窩動静脈をリリースする理由

 

From 藤井翔悟
京都市の自宅デスクより、、、

 

 

最近の僕はFBとか塾のときに
こんなものを身に付けてます。

 

 

これあなた一体
何に見えますでしょうか?

 

 

「やばいやつじゃないの。」
「なんなのそれ。」と

 

 

順調に僕の親族にも
言われてるわけなんですけどね。

 

 

別にやばいやつでも
何でもなくて

 

 

これは僕の先生に
いただいたものです。

 

 

「身につけときなさい」
という話をされたので
身につけてるんですね。

 

 

で何なのか、ですけど、、、

 

 

これは直接
お会いさせていただいた先生に
お伝えしようと思います。

 

 

ぜひ僕に直接会った時に
「藤井先生それなんですか?」

 

 

みたいな感じで
話しかけてください。

 

 

そうすればこれが何なのか
お話できると思いますよ。

 

 

はいありがとうございます。
ではやっていきます。

 

 

今回も
肩の痛みについてです。

 

 

なぜ肩の痛みについて
話をするのか。

 

 

それは肩の痛みに対する
アプローチが

 

 

筋力強化訓練だったり
セラバンドだったりとか
無理なストレッチに

 

 

偏ってしまっている
と思っているからです、、、

 

 

かつて僕の臨床も
筋トレ絶対主義でした。

 

 

先輩が過剰な筋トレを
処方されてたので

 

 

痛みっていうのは
筋力がついてくれば
治ると思ってました。

 

 

肩の痛みであれば
インナーマッスルと言われる

 

 

棘上、棘下、小円、肩甲下筋の
腱板を鍛えることによって
筋出力を上げていく。

 

 

すると正常な
関節包内運動が生まれ

 

 

アウターマッスルの
過剰な収縮が減り

 

 

肩の可動域が上がり
痛みが取れていくという

 

 

神話がありました。

 

 

ま、神話ではないですけど。

 

 

それで効果が出る方も
いらっしゃいますから。

 

 

しかしながら効果が
出ない時どうするのか。

 

 

ここが重要なんです。

 

 

当時の僕はもちろん

 

 

Fascia(ファシア)の存在なんて
まったく知らなかったです。

 

 

けれども今思うと
筋膜の滑走性だったり

 

 

靭帯と筋外膜の滑走性
だったり

 

 

血管周囲の
滑走性ですね。

 

 

こうゆうところ
つまりFascia(ファシア)を
改善させていけば

 

 

こんなにも肩の痛みって
その場で軽減するんだと
臨床で実感しています。

 

 

でね結局

 

 

運動療法とかストレッチって

 

 

除痛ができた後の
次のステップだと思うんです。

 

 

除痛ができてないのに
筋トレとかストレッチって

 

 

ちゃうんじゃないって
僕は思ってるんですね。

 

 

だって痛いのに動かせって
「痛いやん!」みたいにね

 

 

きっと患者さん思ってます。

 

 

あるいは
痛み止め飲んで

 

 

我慢させて筋トレしてる
病院もあるかと思います。

 

 

でもさ
あなたはプロで
一流なんです。

 

 

だから
もっとスマートな
施術の仕方だったり

 

 

アプローチの仕方
あると思うんですね。

 

 

実際患者さんに
痛みを我慢してもらわなくても
痛みはその場で改善します。

 

 

ですからそういったアプローチを
あなたも手に入れていただき

 

 

より一流の肩治療ができるように
なっていただければと思います、、、

 

 

さて今日は

 

 

うんねんかんねんやっても
効果が出ない時にぜひ
やってほしい箇所です。

 

 

その場所はここ
小胸筋の停止部です。

 

 

ここの真下に
腋窩動静脈が通っています。

 

 

この辺りの癒着が実は
肩の痛みの原因になっています。

 

 

その触診方法はこちらから。

 

 

-藤井翔悟

 

 

 

 

PS.
【本日3月12日23:59まで】
完成「関節包リリーステクニック」
筋膜を使った15の関節テクニック

クリックして詳細を確認する
*3月12日(月)23:59まで

 

 

 

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る