メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年8月23日

⑫肩こりに肝臓の治療が必要な理由

 


 

 

 
 

 

 

From 藤井 翔悟
 

 

 

内臓と肩こりの関係についてお話しさせていただきます。

重要なキーワードがあるんですけども、

この内臓体性反射を知っているかどうかが、

肩こりと内臓をつなげて考えるヒントとなっています。
 

 

 

例えば、僧帽筋上部だったりだとか

頸部の伸筋、板状筋、後頭下筋は内臓の状態がでるんですよね。
 

 

 

内臓体性反射の意味は

臓器の状態が体に反射点としてでるんですね。
 

 

 

特に頸部肩甲帯周囲僧帽筋上部のラインは

肩こりの自覚症状が出るラインなんですけども、

まさしくそこが内臓体性反射の反射点となっているんですよね。
 

 

 

肩こりにもいろいろな種類があって、

特に不定愁訴を訴えられる方だったりとか、

自律神経系に何か問題があられる方だったりとか、
 

 

 

メンタル面に何か器質的な問題があられる方は、

この内臓体性反射の観点から診ないと

肩こりが取れない症例の方も実はいらっしゃいます。
 

 

 

一つ臓器をお伝えさせてもらうんですけど、

右側の肩こりは肝臓のせいになっている方が多いです。

また肝臓反射点としても僧帽筋上部あたりにあります。
 

 

 

筋肉の問題か内臓の問題かがあるんですけど、

結局内臓がメジャーな人に筋肉ばっかり調整しても肩こりが取れないのは

メジャーじゃないからっていうのを僕たちは言ったりするんですけど、
 

 

 

要は肝臓がメジャーな人に対しては

肝臓をしっかりと調整できなければいけません。
 

 

 

実際肝臓をどういう風に調整するかというと、

色んな調整の仕方があって経絡を使った調整のしかただとか、

臓器そのものを調整するやり方だったりだとか、
 

 

 

まあいろいろありますけど僕たちがやっているのは

臓器そのものを反応させるっていうやり方でやってます。
 

 

 

これはアドバンスの内容になるんですけど、

周波数を合わせたり臓器自体を共鳴させるとかの

言い方をするんですけど、
 

 

 

ぶっちゃけ抽象的な話になりますので、

この動画で話すべきことではないかの思うのが正直なところです。

感覚的になりますが臓器自体そのものを調整することができます。
 

 

 

もし、肝臓を調整できるあなたが、

肩こりと肝臓の調整をつなげて考えていないのであれば、

内臓体性反射の知識を入れて調べて治療してください。
 

 

 

特に右側の症状に有効なので試してみてください。
 

 

 

PS:疼痛治療についてもっと知りたい方はいませんか?
 

 

 
 

 

 

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る