メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年8月8日

①頚椎症でおさえておくべきたった3つのポイント‬‬

 

From 藤井翔悟

 

 

頸椎症です。
病院で見ることが、多いか少ないか、比較的多いと思います。
僕もまあ整形外科で働いてたんですけども、
やっぱり多いのは腰痛とか、

 

 

膝の痛みとか肩の痛みとかが多かったと思いますけど、
首の痛みももちろんあられる方多いとおもいますので、
これのまあ今日は概論をですね。

 

 

概論をお伝えさせてもらえればなあと思っております。
概論をですね。

 

 

まず頸椎症自体の症状ってどんな症状を思い浮かべられますか?

 

 

まあ一個目のヘルニアとか含めていただきたいんですけども、
手とかしびれだしたりとか、
四六時中何をしてても首が痛いと、
首が回らないって方多いですよね。

 

臨床上でも。
で手術とかされるメインの症状っていったら痛みとしびれですね。
当たり前ですけどっていう風にあるんですけど、

 

 

頸椎症ね、
この痛みとしびれをまあまずね、
大まかな捉え方として思っていただきたいんですけども、

 

 

ぼくの経験的なんですけど、
あのあるポイントさえ見れれば痛みとしびれは、
90%以上とれますね。

 

 

あの手術適応っていわれてた頸椎症の場合は、
あのーそんなにお前よう言うなとか思われるかもしれないんですけも、
ほんとにそうでなぜかというとこれ決まってるんですよ。

 

 

ほぼ、ほぼ原因が。
確かに首の椎間板押して脊髄にあたってたりするって、
いうのは病態としてあると思うんですけども、

 

 

首っていうのは頸椎にしても筋肉にしても
あのすごく調整がすごく調整がしやすい部位で、

 

 

要はそっちの影響が大きい部位なんですけどね。
筋肉と関節の影響が多い部位は、
ぼくたち徒手療法っていうかまあ治療家ですよね。

 

 

まあオペ適応以外の施術をする者にとって
一番変化を出しやすい部位ってのが首なんですよ。
変化を出しやすい部位なんですよ。

 

 

であのだいたいのメインの病態としてはぶっちゃけ、
こっから腕神経叢がでているじゃないですか、

 

 

腕神経層が、出ているところで絶対どっかで、
絞扼、拘束、狭窄でもなんでもいいですけど、挟まれています。

 

 

首のところで。
筋だったり骨のせいで。

 

 

っていうのがあのーここでヘルニア出てたとしても、

 

その先で挟まれてたりもするので、
そこさえポイント見てあれば、
可動域にしても、
痛みにしても痺れにしてもとれますね。

 

いいきっちゃいます。
とれますもんほんまに。
要は首痛い人とかね。

 

 

あの一回ぼく施術させてもらえればと思うんですけども、
ほんとにその病態自体がすごくシンプルで、
この辺のなんかなんですよ。

 

 

要は頸椎のせいか?
もしくは筋肉のせいか?
あとは神経のせいか?

 

 

どれかなんですよね。

 

 

そのどれかのせいで痺れてたり、
痛みが出たりしますので、

 

 

その三つのポイントさえおさえられれば、

 

 

頸椎症は結構簡単にクリアできる疾患だとぼくは思っております。

 

で頸椎症のポイントとしては三つのポイントを言ったんですけども、
ここはいたい場所と近い場所に原因があることがすごく多いですね。

 

 

まあたまに下肢とかふくらはぎの影響がある人いるんですけども、

 

 

言った通り頸椎の影響か、
その首の周りの筋肉のせいかもしくは腕神経叢のせいか。

 

 

この三つ、三つのポイントをおさえてください。
この三つのポイントのどこかに痛みとしびれの原因がほぼ90%以上ですね。

 

 

まあ改善できるっていう90%以上原因があります。
当たり前っていわれたら当たり前かもしれないんですけど、

 

 

ほんとにそうなので、
あの頸椎症に対してはですね。

 

まあ明日以降もお伝えしていくんですけども、
まあ良くなるケースが多いと思いますので、

 

 

まあもちろん完治するとか言い切れませんけど、
症状変わるかた、
要は痛みが10やったら半分ぐらい5とか3とかに持っていけるひとすごく多いので、
この3つのポイントをですね。

 

 

具体的に明日からも解説していきますので、
まずはまあ、
良くなるもんなんだなっていう認識を持ってください。
そこからがスタートだと思っておりますので、

 

 

本日はこういった内容で動画の方お送りさせていただきました。
そしたら今日はこの辺で失礼するんですけども、

 

 

頸椎症っていうのはいまいった三つのポイントを
おさえれば症状を改善することができるような
疾患なんだなって思っておいてください。

 

そしたらですね本日もこの辺で失礼します。
本日も動画をご覧いただき本当にありがとうございました。

 

 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。↓

http://理学療法士リハビリ研修会.com/keitsui/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る