メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年8月8日

②頚椎症に対して私達が犯している罪

 

 

From 藤井翔悟

 

 

首シリーズですね。
今日今のところですね頸椎、
頸椎症についての話をさせてもらっておりますので、

 

今日もですねあなたに、
その頸椎症の前回概論だったんですけども、
今日はポイントについてお話させてもらおうと思っております。

 

 

ポイント、
まあ頸椎症になってくると痛みが出ている部位が

 

 

ほんとにこの首の付け根痛いだとか、
ひねって痛いだとか、
手がずっと痺れているだとか、
親指が感覚がおかしいだったりとか、

 

 

おっしゃる方多いと思うんですけども、
頸椎症で診るべきポイントっていうのはだいたい決まっております。

 
それまずお伝えさせてもらおうと思っています。

 

 

まずは、これですね、
当然ですけどこれ、
頸椎、頸椎の調整は頸椎症ほぼ、ほぼ必要になってきます。
あとは前腕の筋だったり関節だったり調整が必要になってきます。

 

で後これですね、

 

肩甲骨、
この可動性も見てください、

 

たぶん頸椎症の人ってみんな外転になって

そのまま固まってる感じすごく多いので、
肩甲骨の位置も見るポイントになっていきます。

 

 

あとがこれですね、下腿です。
これでまたちょっと首と足で離れているイメージがあると思うんですけども、
首の痛みって結構足と関連することがすごく多いんですね。
これなんでやねんと思うかもしれないですけど、
これもうぶっちゃけ筋膜のつながりです。

 
で、あなたにちょっと試してもらいたいんですけども、
首の上と下の、
屈曲と伸展の動きをつま先を立てている状態と、
要は足関節底屈位と足関節背屈位では、屈伸の動きが違うはずです。

 

 

頸部のね。
それは単純に頸部の筋肉とふくらはぎの筋肉が
かなりつながっていますので、

 

ふくらはぎの筋肉の長さが変わるとそれだけで
首の動きが変わってくることがあります。

 

 

そこから連想されるように下腿の筋肉だったり、関節だったりは、
頸椎の動き頸部の動きと密接に関連しているんです。

 

 

ですから頸椎、頸椎症っていわれる、
首の痛みだったり、
手のしびれがある人って言うのが固いっていうのが、
けっこう大事になってきます。

 
この4つが、
僕が臨床で診てる上ではかなりポイントだと思っているので、
ここを見ていって治療の方できればと思っています。

 

 

で今日の話をまとめると頸椎症の人は、
頸椎と前腕の筋肉、
関節、
肩甲骨の可動性、
後は下腿

 

この4つのポイントを見ていただくことで、
痛みだったりしびれの改善のヒントがかなり隠されておりますので、
ここをチェックしていただいて治療してください。

 

 

この4つを調整することができれば、
ほぼ、ほぼ症状大きく変わりますので、
それをね、やっていければと思っております。

 

明日以降具体的にみるべき筋肉だったりとか、
調節すべき関節の名前をお伝えさせてもらって

今あなたが担当されている患者さんの痛みの改善を

お手伝いできればなと思っております。

 

 

ぜひあなたとも会場で会えることを楽しみにさせてもらっております。

 

 

 

そしたらですね、
今日はこういったポイントお話させてもらいましたので、
ぜひとも臨床で患者さまに還元してみてください。

 

それでは本日はこの辺で終了させてもらいます。
本日も動画をご覧いただき本当にありがとうございました。

 

 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。↓

http://理学療法士リハビリ研修会.com/keitsui/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る