メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年8月10日

⑤毎回、確実に頚椎症の痛みを改善していく方法

 

 

 

 

From 藤井 翔吾

 

 

 

頸椎症シリーズの方をお伝えしていくんですけども、
前回も前々回もお伝えした通り、
首の動きだったり、
首の痛みっていうのは全身のいろんな部位が関連してるんですよね。

 

 

 
それが、手だったりとか、
肘の部分もしくは肩の部分体幹とか、
腰部っていうような形が、

 

 
たくさんたくさん関連しているんですけども
さらにあなたにとっておきの情報をお伝えさせて

もらえればなあと思っております。

 

 

 

頸椎症で見るべきポイントなんですけど、
今日はねズバリこれです。

 

 

 

下腿。

 

 

 

 

下腿なんですけど足首の動きでね、
たとえば足関節の底屈位と背屈位で首の屈伸運動の要は、
可動域だったりが変わりますよってお話させてもらったことが、

 

 

 

このシリーズでは、
あるんですけどもつまり足首の状態、
足首の筋肉の状態、関節の状態っていうのは首とね、
けっこう関連がっていうか、かなり関連が深いんです。

 

 

ですので、
今日はそれをお伝えさせてもらえればなと思っております。

 

 

まあ下腿なんですけども、
まあ下腿って言ったっていろんな筋肉、関節、組織だったり、
血管があったりするんですけど、

 

 

今日は具体的な筋名を書いていきますので、
それをちょっとあなたの見ておられる
首の痛い患者さまでぜひとも、
生かしていただければなと思うんですけど、

 

 

この3つを書かさしてもらいました。

 

 

この3つっていうのは、
まあ内側クロスポイントっていうのは、
僕たちの作っている言葉なんですけど、

 

 

要は内側のハムストリングスと
腓腹筋の内側頭がクロスしているポイント、
ちょうど膝の後ろの内側の要は腱だったりがクロスしている部分、

 

 

これはアナトミートレインとかの解剖の図で、
もう一度確認していただければと思うんですけど、
ここはかなり頸椎症の方の痛みだったりに関連しているんですよね。

 

 

あとは腓骨筋です。

 

 

腓骨筋群なんですけど、
長短腓骨筋ってあるんですけども、
これも腓骨頭の1横指下らへんの筋の状態が首の動きとかなり関連してます。

 

 

あとはヒラメ筋です。

 

 

まあ下腿三頭筋で腓腹筋、
ヒラメ筋と合流しててアキレス腱になっていくんですけど、
ヒラメ筋っていうのはズバリアキレス腱に移行する部位のところで

 

 

 

すごく疲労がたまりやすかったりだとか、
硬結ができやすかったりしますので、
そういったところがポイントになっていくんです。

 

 

僕も治療院で首が痛い方も結構見たりするので、
腰痛専門っていうのも首の痛い人が集まってきたりするので、

 

 

そういった方々よく見てると結局その足とかを見ないと
最後まで痛みがとりきれなかったりとか、
残ったりってすることがありますので、
そういったところをお伝えさせてもらええればなと思っております。

 

 

 

評価の仕方としてはいつもの疼痛誘発動作をしていただいて、

 

 

 

それで主訴の痛みだったりだとか、
痺れが出るかっていうのはこの3つの部位をみていただいて
治療していただくっていうような流れがいいのかなと思っております。

 

 

そしたら今日は、頸椎、首の痛みと下腿のつながりについて

 

 

 

お伝えさせていただいたんですけど、
まあラインで言うと無数のつながりのラインがありますので、
それは大きく考えなくていいです。

 

とりあえず今日は

その3つの筋を患者さまにあてはめて評価してみてください。

 

 

そうするとけっこういいリアクションが
得られたりすることが多いと思うのできっと役に立つんじゃないのかなと
おもっております。

 

 

 

そしたら本日はこういった情報をお伝えしたのでぜひ臨床で

患者さまに還元してください。

 

 

それでは、本日はこの辺で終了します。

 

本日も動画をご覧いただき本当にありがとうございました。

 

 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

http://理学療法士リハビリ研修会.com/keitsui/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る