メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年6月3日

「痛みを何とかしたい」という情熱

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より…

 

近頃の僕はスタッフの成長もあって、
現場に出る回数がうんと減りました。

 

今まであれば、週に1回
もしくは2週間に1回は、
お客様に直接お会いしてました。

 

 

受講生さんだったり、
整体院に行かせていただいて、
講師や施術をしていました。

 

 

しかし今は、組織自体を大きくする観点から、
僕が直接お客様に働きかけていたことを、
まずはスタッフに働きかけています。

 

 

そしてそのスタッフが
お客様に働きかける。

 

 

このフェーズにちょっとづつ
変わってきています。

 

 

完全に余談だったんですが
最近はこんな風に考えています。

 

 

では頚椎症についてです。

 

 

今回は肩甲骨について
考えていこうと思います。

 

 

僕の動画を長く
ご覧になられているのであれば
だいたいわかると思います。

 

 

僕は肩甲骨及び、
肩甲胸郭関節の可動性を、
臨床上よく見ます。

 

 

特に、首、肩の痛みですね。

 

 

肩甲骨ってやっぱり、
頸部の運動や肩関節の運動に、
付随するものじゃないですか。

 

 

中でも肩関節の運動では、
肩甲上腕リズムと言われる通り

 

 

肩甲骨の可動性がないと、
肩の可動域はマックスまで出ません。

 

 

こんなふうに教科書的に勉強させてもらいました。

 

 

僕たちが臨床で
肩甲骨について考えるときには、
下角をとても大事にしています。

 

 

まずは下角を見て
いただきたいんです。

 

 

なぜかと言うと、
下角が一番、運動範囲が大きいからなんです、、、

 

 

ー藤井翔悟

 

 

PS:
6月4日まで
【新発表】日本疼痛リハビリテーション協会認定「筋膜クロスポイント」
〜14個の最新テクニック〜

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/cross/001/

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る