メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年7月1日

④ 変形性股関節症と大腰筋の関係を知らなければ痛みは改善できません…

 

 

 

 

前回はある二つのラインをお伝えしました。

そのライン上に痛みの原因となる 筋肉や筋膜の組織が多いと言いましたね。

 

 

 

変形性股関節症の大部分の痛みのパ ターンは決まっています。

まず見るべき鉄板の筋肉は決まっています。

ディー プフロントラインについて話しますが、

これがわからない方はネットで調べて みてください。

 

 

まず変形性股関節症の人は、

臼蓋と骨頭の被覆率が低いので、

骨で姿勢制御することができず、

股関節周囲の筋肉にそれをしてしまっていま す。

 

 

 

また骨膜が一か所だけ使われてしまっているので、

侵害刺激受容器が刺激 され、

痛みが出るというパターンがあります。

 

 

 

もうひとつ、

二次的に筋スパズ ムができてしまい、

筋が伸張できず筋硬結ができてしまったり、

可動域に制限 がかかってしまいます。

 

 

 

大部分の痛みですぐ改善してしまうのは、

二次的に生 まれる筋スパズムの方で、

こちらを改善することにより、

すぐ結果がでますし 痛みに変化がでます。

 

 

 

変形性股関節症の軽度の人ではこちらで改善することが 多いです。

頑固で取りきれない痛みの人は他の所も見ていかないといけません が、

まずは筋スパズムの方でなおかつディープフロントラインのどこかで痛み がでています。

 

 

 

どこかというと、一番多いのが大腰筋です。

 

とても有名ですよ ね。

起始で考えると脊柱の横突起から寛骨、小転子にまでついていますね。

 

 

と いうことは、

脊柱と骨盤と大腿骨をつないでいる筋肉です。

明らかに臼蓋と骨 頭の被覆率が悪くなった変形性股関節症の人は、

骨で姿勢制御をできずに、

股 関節周囲の筋肉で姿勢制御をしてしまっています。

 

 

つまり

大腰筋を使いすぎて いるんですね。

 

 

 

骨で支えられないから大腰筋で支えています。

 

なので、

この筋 を緩めてあげたいですね。

 

 

筋硬結ができたりだとか、

筋の滑走性や伸張性が悪 くなっているので、

ここを改善できれば変形性股関節症の痛みは、

すぐ変化が でます。

 

 

 

これは鉄板の場所です。

大腰筋は走行が長いので、

その中でどこに痛 みの原因があるのかを細かくみていかないといけません。

 

 

 

ではどこのあるのか、

パターンは決まっているのですが、

 

 

まず一か所、

それはおへその真横のあたり に筋硬結ができやすく、

原因となりやすいです。

 

 

もう一か所は小転子に停止す る部分にも硬結ができやすいです。

そしてもう一か所、

腸骨筋と交わる部分で す。

 

 

ここで、

腸骨筋と大腰筋が分離せず一緒になっていることで、

硬結ができ やすいです。

 

 

 

この三か所です。

解剖学の教科書を見てここを触診してみてくだ さい。

なおかつ疼痛誘発動作をかけて下さい。

 

 

 

患者さんで股関節のところを曲 げると痛いと言われることはよくある話ですが、

そこで三か所のどこかを押し ながら、

もう一度、動作をしてもらってください。

 

 

 

痛みが減る方が多いと思い ます。

そのときそこが原因となります。

こういった所見を参考にしていただけ れば、

良い結果が生まれると思います。

 

 

 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

<http://理学療法士リハビリ研修会.com/mata-oa/>

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る