メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年7月1日

⑫ ほとんどの療法士が知らない股OAと棘上筋の関係

 

 

 

 

From 藤井 翔吾

 

 

前回もお話ししましたが、

VASで痛みが10→3,4までとれたけれども、

残りの痛みを取っていくためのアイディアやヒントを今回もお伝えします。

 

 

言 った通り、

股関節と肩関節の形状は似ているので股関節が硬い人は肩関節もか たいです。

 

 

そして肩関節周囲筋が股関節の痛みの原因になっているケースが多 いです。

疼痛誘発動作ができる人はしてもらうといいんですが、

肩関節周囲筋 の中でも特にこれです。

 

 

 

棘上筋です。

 

 

 

不思議に思われるかもしれませんが、

例 えばしゃがみこんで股関節が痛いという人がいれば、

棘上筋を疼痛誘発動作で 評価にかけてください。

 

 

そうすると痛みが減ったり、

可動域に変化が出ること が多いです。

棘上筋のどの部位かまで細かくみていくことがコツになります。

 

 

 

肩甲棘の基部の方です。

肩峰の逆の方です。

ここに硬さが目立つ人が多いです。

 

 

 

ここを評価することで股関節の痛みが減ることが多いです。

これが良いヒント になると思います。

また肩関節の可動域が良くなるように調整してください。

 

 

 

その人のとくに動きの悪い方向を見分けて調整してください。

そうすることで 痛みが減ることが多いです。

そういう視点や、筋膜のつながりとか人間の体の つくり、

全体的にみていくことで3,4の残りの痛みがとれていきます。

 

 

 

です から、

これをヒントにしてもらって

変形性股関節症の痛みのアプローチに加え ていただければなぁと思います。

 

 

それから右の股関節が痛いから右の棘上筋と いう風には考えないでください。

筋膜のつながりは両側性なので、

反対側が原 因になっていることもありますので、

 

 

左右両方ともみることがコツになります。

 

 

 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

http://理学療法士リハビリ研修会.com/mata-oa/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る