メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年7月1日

② あなたは変形性股関節症の痛みの改善を諦めていませんか?

 

 

 

前回は変形性股関節症についてのポイントについて、

お話ししました。

 

それは 臼蓋と骨頭の被覆率です。

 

どれくらいしっかり被われているのか。

要はしっか り骨で体重を支持できているかということですね。

 

 

 

股関節の周りに大きな靭帯 とかがありまして、

それらが体重を支えたりとかもしてるんですが、

ここでは 骨ということで話をしていきます。

 

 

 

それは骨で支持できるからこそ、

周りの筋 肉の収縮の負担が減りますし、

なおかつそれが体重を分散できるからこそ痛み が出ないんですね。

 

 

 

基本的に変形性股関節症の人は臼蓋と骨頭の接している面 積が狭いので、

不安定になっています。

 

 

周りの筋肉が過緊張することで、

股関 節の安定を得ようとします。

もしくは一か所だけでピンポイントに擦れるよう に使ってしまうので、

そこの痛みが出てしまいます。

 

 

 

 

ですから、

治療の方針としては、

 

アライメントを変えてあげる、

臼蓋と骨頭の被覆率を考えながら位置 関係を変えてあげる。

 

 

 

もしくは

筋スパズムを取れば痛みは減りますし、

可動域 が上がります。

 

 

要は過剰に緊張してしまい、

筋硬結が出来てしまって滑走性が 悪くなり、

 

 

足が曲がらないとか、

靴や靴下が履けない、

トイレに座れない、

あ ぐらがかけない、

というふうになっていきます。

 

 

 

この二つをうまく調整してい くことが治療のヒントになってきます。

実際にアライメントにしても筋スパズ ムにしても、

 

 

別々の原因によるものと見えてしまうと思うんですが、

まぁ筋ス パズムは筋の硬さをとれば、

取れるかなぁと想像されるかたもおられると思う んですが、

 

 

アライメントの方は、

そんなに姿勢が変えられるのか、

とか臼蓋と 骨頭の接地面が変わるのかと言われることも多いんですが、

出来ます。

 

 

すぐ出 来ます。

なのでアライメントに対して話をしていきます。

 

 

 

 

ではどうして臼蓋と 骨頭の接地面を変えていくのか。

 

考え方の軸になるのが、

筋肉と骨格のお互い の関連性を見てほしいのです。

 

 

筋肉は骨に起始・停止がありますよね。

また筋 肉の収縮によって関節の問題がおこりますよね。

逆を言えば、

骨の周りに筋肉 がたくさんついてますよね、

 

 

なので

関節の調整、

モビライゼーションを行うこ とによって、

筋肉にも働きかけることができます。

 

 

 

ですのでこれを治療に応用 します。

やり方としては筋肉を調整することによって、

骨の位置とか関節面を かえます。

 

 

 

これができれば変形性股関節症の痛みがすごく減らせますし、

可動 域が上がります。そうすることでADLの改善がみられます。

 

 

 

なので

筋肉と骨 格の関係を考慮して、

筋肉に対して調整していく、

 

 

これがより正確に、

より深 く出来れば関節の位置を変えられますし、

アライメントを変えられます。

 

 

 

なの でこれをやっていくことで、

関節の接地面がかわりますから、

一点支持でなく なります。

 

 

 

そうすれば滑膜刺激が減りますよね、

なおかつ骨での支持が出来る

 
位置に持っていき、

被覆率が高いアライメントに変えられれば、

骨での支持が 出来ます、

つまり安定します。

 

 

 

もしくは痛みが減ります。

なのでアライメント を変えるということの答えとしては、

 

 

筋肉を調整をすることで、

骨格の位置を 変えようというのが、

僕の提唱するやり方です。

 

 

これで僕はいつも結果を出し てます。

このやり方をアイディアにして下さい。

 

 

実際、骨を引っ張ったり、

モ ビライゼーションをしても周りの筋組織が変化しないと、

何も変わりません。

 

 

一番変化が出しやすいのは、

筋肉なんです。

 

 

筋肉の長さとか硬結とか、

その場 で効果を出せるのは、

関節面とか骨では限界があります、

硬くて動かないから です。

 

 

 

なぜかというと周りの筋肉が硬いままからです。

だから筋肉を調整する ことで骨格系を変えていくという発想を持ってください。

これが一番リスクが 少ないですし、

なおかつ心地がよいですし、

変化が大きく出ます。

 

 

 

ですのでこ のやり方を、是非ともアイディアにしてください。
 

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

<http://理学療法士リハビリ研修会.com/mata-oa/>

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る