メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年10月8日

変股症の治療をして、患者さんの足が驚くべき軽さを感じてもらったことありますか?

 

hip-anatomy

 

 

 

 

顔

今日のテーマは
変形性股関節のことでお話ししたいと思います。

 

 

変形性股関節の治療って
骨が変形しているから、
骨は手術しないと、、、

 

 

って考えますが、
それは進行期の終わりらへんのことで、

 

 

それ以前の初期症状については、
ストレスをうけている筋の影響で、
なんとかなります。

 

 

みなさん臨床ではどうでしょうか?

 

今日のテーマは股関節の荷重時の痛みです。

答えから話すと、、

「中殿筋」

 

 

 

以前に大臀筋で
お話しましたけれど、
ここも鉄板ですね。

ここはほぼみます。

 

 

だいたいかっちかちになってますからね。

 

 

 

これってつまり
中臀筋が使えていないって
ことにほかなりません。

 

単純に股関節が外旋して
荷重すると
外へ外へとベクトルがでてきて

 

これをいかに制動するか、、

 

 

常に臀筋を使っていて
パンパンになっていて、
筋の静止張力がでにくかったりしています。

 

 

ただ浅いところをやっていてもなかなか結果はでにくかったりしますけど、

 

 

まずは、
しっかりふれて
臀筋をみないといけないです。

 

 

よく臀筋は股関節の外転筋群として
扱われたり

トレンデレンとかいわれますけど、

 

 

変形性股関節症に関しては、
ここの外側から頭側へのベクトルをだすことで、
骨頭への負担を減らせる役割があります。

 

 

よって
臀筋を緩めて
使えるようにしてあげることで
改善の方向へむいていくとおもいます。

 

 

ここ調整できると劇的に患者さんは
かわるので、
また臨床もおもろくなります。

 

 

 

意外と治せなかった痛みがここにあるのかもしれません。

 

 

とりきれない痛みの原因が実は、、、
っていうこともなきにしもあらずです。
ここも忘れずに
治療の展開にもっていくのも
おもしろいと思います。

 

 

今日はこんな話で終わります。

 

 

みなさんも是非試してみてみてください。
きっと痛みの治せない原因がそこにあるかもしれません。

 

次回も
痛みに関してまた
お伝えしていきたいと思います。

 

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。。。

 

日本疼痛リハビリテーション協会 東海支部 長村 充

PS
もしこれが、あなたが手に入れたかった情報だとしたら・・・
どうぞお読みください。

http://理学療法士リハビリ研修会.com/mata-oa/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る