メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年3月3日

手根管症候群に対して支帯を評価するコツ

 

 

 

 

 

 

from 脇本竜次

名古屋行きの新幹線の中から、、、

 

<手根管症候群とは>

手根管症候群とは、正中神経領域に痛みもしくは痺れを生じさせる疾患であり、運動時痛や夜間時痛を特徴とすると言われています。

この手根管症候群は最も頻度の高いニューロパチーであると言われており、ニューロパチーの中では非常に遭遇する頻度が多い疾患です。1)

ですが、治療ガイドラインは海外には存在しておらず、治療の指針となるものが少ないのが現状です。(日本では参考文献に記しているガイドラインが存在)

手首の屈曲伸展の物理的負荷によって生じると言われています。

 

 

 

<スプリントの効果は?>

ある研究では終日スプリントも夜間スプリントも除痛の有意な変化はなかったという結果が出ています。2)

つまり、症状が慢性化してからでは安静にしても症状は改善しにくい可能性があります。

 

 

 

<徒手での支帯への評価>

この動画では屈筋支帯への評価方法をご紹介いたします。

当協会がご紹介している疼痛誘発動作ですが、この評価方法は組織を圧迫してそれで痛みがあった動作をしてもらい痛みがどう変わるのかを検査して、痛みが軽減すれば圧迫していた部位に痛みの原因が存在していることがわかる評価です。

この評価方法は単純に組織を圧迫するだけなのですが、それを単純に屈筋支帯にしてしまうと、ただ内圧を上昇させるだけで適切な評価ができない可能性があります。

なので、屈筋支帯と左右からたわませるように評価することで圧迫による内圧をあげることなく疼痛誘発動作をすることができます。

 

 

 

<エコーでの屈筋支帯の評価>

またエコーを用いることも重要です。

組織の動態がリアルタイムに観察できるので、どの部位にどの程度の圧迫が適切なのかを確認しながら行うことができます。

 

 

 

<やっていただきたいこと>

①屈筋支帯の解剖図を確認

②エコーで屈筋支帯を確認

③屈筋支帯にたわませるようにし痛みがある動作をしてもらう(疼痛誘発動作)

④痛みが軽減すれば、その部位の治療

 

 

 

<まとめ>

徒手で行う際にはたわませるように評価することが必要。

 

 

 

<参考文献>

1)標準的神経難病 手根管症候群 監修,日本神経治療学会神経治療 Vol. 25 No. 1(2008)

 

2)Walker WC, Metzler M, Cifu DX et al : Neutral wrist splinting in carpal tunnel syndrome : a com- parison of night-only versus full-time wear in- structions. Archives of Physical Medicine & Reha- bilitation 81:424-429,2000

 

 

 

動画はこちら

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

ー脇本竜次

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

エビデンスに基づく徒手療法【教科書】

無料でプレゼント

↓↓

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/undoki/

 

 

 

著者

臨床研究部門

『慢性疼痛の治療方法の確立と証明』そのために今ある技術をより体系化していき、科学的な根拠のある技術にしていきます。当協会の評価・治療テクニックを用いることで、人体にどのようなことが起こっているのかを解き明かしていきます。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る