メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年3月10日

腰痛患者の脊柱起立筋と大腰筋の関係性-エコーの活用方法-

 

 

 

 

 

 

from 脇本竜次

治療院のデスクから、、、

 

 

<脊柱起立筋について>

脊柱起立筋は深層と表層でカテゴライズされます。

深層は多裂筋・回旋筋などがあり、表層は腸肋筋・最長筋などがあります。(教科書などによって表記の誤差は多少あります)

この脊柱起立筋は腰痛と非常に関わっていると言われており、特に多裂筋・腰最長筋・腰腸肋筋は腰痛と関連していると言われています。1)

 

 

 

<大腰筋について>

腰椎から大腿骨の小転子に付着している筋肉で、腰部の安定性に関与しています。

この大腰筋は腰椎の安定性に関与しており、体幹の屈曲伸展のどちらにも作用しています。

ある研究では腰痛患者の大腰筋は有意な筋断面積の減少が確認された2)と報告されていますが、別の研究では大腰筋が過活動を起こしているという研究もあります。

なぜこういった逆の現象が起こるのでしょうか?

 

 

 

<症候の多様性>

その答えとして症候の多様性があることが理由の一つかと思います。

つまり、人によって様々な状態があるのでそれに対応できる評価方法が必要です。

 

 

 

<脊柱起立筋と大腰筋の関係性>

ある研究では脊柱起立筋の活動の高い腰痛患者は大腰筋の活動量が低い可能性が示唆され、またその逆の状態も確認された3)と報告されています。

つまり脊柱起立筋と大腰筋はお互いの機能を補い合っている可能性があります。

何らかの問題によって、どちらかの筋肉の筋機能が低下してしまい、片方の筋肉に負荷をかけてしまっている可能性があります。

 

 

 

<エコーの活用>

脊柱起立筋の表層の筋肉は触診によって筋硬度を触知できますが、深層の多裂筋や大腰筋は触知困難です。

なのでエコーを用いて組織の滑走をリアルタイムに観察することが必要であり、かつエラストグラフィーの機能を使い血液動態も観察することで正確に脊柱起立筋と大腰筋の状態を確認することができます。

こういった目的でエコーを使用し状態の観察をすることが重要であると考えます。

 

 

 

<まとめ>

脊柱起立筋の状態で大腰筋の過活動を予測することができる。

 

 

 

<参考文献>

1)odges, PW, Richardson, CA., Inefficient muscular stabilization of the lumbar spine associated with low back pain. A motor control evaluation of transversus abdominis, Spine (Phila Pa 1976),21(1996)2640-2650.

 

2)MRIを用いた女性腰部疾患例における大腰筋特性 ,佐藤成登志,地神 裕史,島田 雄司,山本 智章.

 

3)Changes in direction-specific activity of psoas major and quadratus lumborum in people with recurring back pain differ between muscle regions and patient groups . Park, Rachel J., Tsao, Henry, Cresswell, Andrew G. and Hodges, Paul W. (2013)

 

動画はこちら

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

ー脇本竜次

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

エビデンスに基づく徒手療法【教科書】

無料でプレゼント

↓↓

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/undoki/

著者

臨床研究部門

『慢性疼痛の治療方法の確立と証明』そのために今ある技術をより体系化していき、科学的な根拠のある技術にしていきます。当協会の評価・治療テクニックを用いることで、人体にどのようなことが起こっているのかを解き明かしていきます。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る