メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年5月20日

【坐骨神経痛】シビレ3秒リリース

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より、、、

 

 

きょうは引き続き
シビレの話をしていきます。

 

 

下肢のシビレは
徒手療法でどうにかできる。

 

 

こんな知見は
正直、僕の学生時代には
あんまりなかったですね。

 

 

僕も臨床に出て
1年目くらいの時に

 

 

シビレの患者さんに
山ほど遭遇しました。

 

 

坐骨神経痛なのか
ヘルニアなのか
脊柱管狭窄症なのか

 

 

はたまた
すべり症なのか。

 

 

診断名は
いろいろ違いますけど、、、

 

 

それでも
シビレの症状ってのは

 

 

なかなか変化させるのが
難しかった記憶があります。

 

 

そんななか
僕があなたに今日
ヒントとしてお伝えすることは、、、

 

 

シビレも徒手で改善できるってこと
なんですね

 

 

まずこれ
すごく大事です

 

 

ですから
あなたの考え

 

 

パラダイムシフトして
いただきたいんですよ。

 

 

シビレは
ドクターしか無理だとか

 

 

安静にするしか
無理なんじゃないのとか…

 

 

僕たちにできることなんて
なにもないんじゃないのとか…

 

 

こんなふうに
頭ごしに思ってしまうと

 

 

患者さんが良くなる
可能性をゼロにしてしまいます。

 

 

そうではなく
下肢のシビレであっても

 

 

アプローチの
しかたがあります。

 

 

実際それで
改善するケースもあるってこと

 

 

僕のほうから
この動画を使って
お伝えさせていただきます。

 

 

ではシビレの
基本的な考え方です。

 

 

ます神経には
走行があって

 

 

しびれの原因は
中枢性のものと末梢性のもの
2種類あると思うんですね。

 

 

でね私たちが
アプローチ可能なのは
どっちなのかと言ったら…

 

 

もうあなたは
ご存知ですよね。

 

 

そうもちろん
末梢性のシビレです。

 

 

末梢性のシビレならば
徒手でも十分変化します。

 

 

逆に中枢性のシビレなら

 

 

椎体自体を
手術したり

 

 

椎体の間を
広げたり

 

 

狭くなってるものを
とったり

 

 

こうゆうアプローチをしないと
無理だと思います。

 

 

でも末梢性ならば
fasciaが原因です。

 

 

fasciaと呼ばれる
結合組織と神経の走行に
不具合が起きてます

 

 

これは
エコーで観察させてもらうと
わかるんですけど

 

 

癒着みたいなことが
起こってます。

 

 

なおかつそこで
動作とともに
滑走性も制限されてます。

 

 

神経と筋肉はお互い
なめらかにすべるはずなのに

 

 

「ウッ」って
止まってしまってるので

 

 

動作のたびに
しびれてしまうだったり

 

 

放散痛がある方っていうのが
結構いるわけなんですね。

 

 

でね
今回お話させていただく
末梢性のシビレの原因のひとつが

 

 

仙骨裂孔です。

 

 

これね
結構使えます!

 

 

なのでこの仙骨裂孔
今日もういっかいやります。

 

 

触診の場所と
疼痛誘発動作のかけかたを

 

 

ご紹介させて
いただきます。

 

 

では
さっそく見ていこいうと思います。

 

 

-藤井翔悟

 

 

PS.
【生放送決定】
今日の21:00から生放送が決定しました!

 

<詳細>
膝の分子構造を変化させるテクニックを使い、
取りきれない膝に痛み、
O脚などを改善する方法です!

 

<内容>
膝の痛みはなぜ起こる?
膝の痛みを取り切る3つの原則
劇的”ひざ痛”改善!トライアングルスペースリリース
質問タイム

 

ここから無料で見ることができます

https://youtu.be/KnWfq3j18_Y

 

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る