メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年9月12日

どうしてこんな簡単に中枢性と末梢性の痺れが鑑別できるのか?

 

From 藤井翔悟
京都市の自宅デスクより…

 

 

しびれには2パターンあることが
わかりました。

 

 

中枢性のものと
末梢性のもの。

 

 

だから中枢性のものと
末梢性のものが鑑別できるようになれば
僕たちでも対応できる患者様がいます。

 

 

そうするとより患者様に
貢献できるので
臨床が楽しくなります。

 

 

中枢性とは
脊髄性のものですね。

 

 

いわゆる本当に
画像所見で映るような
ヘルニアや狭窄症です。

 

 

末梢性の方は
画像所見がないか

 

 

あったとしても
理学所見や患者様の主訴と
マッチしてないような方です。

 

 

で、僕が言っている
手のしびれが改善できるケースは
末梢性のしびれです。

 

 

つまり筋筋膜が原因で
しびれている方です。

 

 

筋筋膜およびその周囲の軟部組織に
硬結ができると滑走性が悪くなり
神経が絞扼されしびれを出します。

 

 

具体的には、

 

 

腕神経叢や
鎖骨下の出口のところ
胸郭の出口のところ

 

 

ここに筋筋膜に硬さが生ると
中枢性と同じようなしびれを出すんです。

 

 

こうゆうのが
臨床的に観察されるんです。

 

 

なので、
パッと見の症状だけみても一緒です。

 

 

けど、
ここから鑑別していくことによって
目の前の患者さまはどっちのしびれなのか?
これがわかるようになります。

 

 

で、これを鑑別する方法は
”疼痛誘発動作”です。

 

 

これによって
鑑別できます。

 

 

なぜなら疼痛誘発動作とは
軟部組織に押圧刺激を加えて
鑑別する検査方法です。

 

 

ですからこの検査で陽性ならば
筋筋膜などの軟部組織が原因なので
末梢性のしびれですね。

 

 

これが判断できて
こちらの領域は僕たちセラピストが
しっかりしないといけないです。

 

 

ですから責任感と自覚と
貢献できるという思いを持って

 

 

手のしびれの患者さんにも
施術していただきたいなあ
と思っています。

 

 

じゃあ今日は
どこが手のしびれと関連しているのか?

 

 

どこを疼痛誘発動作にかければいいのか
についてお伝えさせていただくんですけど

 

 

それは上腕にある外側筋間中隔
というところです。

 

 

あなたも知ってのとうり
ここはすごい筋硬結の多発部位なんです。

 

 

上腕の屈筋と伸筋
つまり上腕二頭筋と上腕三頭筋を
分けている筋膜です。

 

 

本日の動画ではこの外側筋間中隔の
触診方法とゆるめかたについて
お伝えせていただきます。

 

 

-藤井 翔悟

 

 

P.S:【無料】ロケットスタートセミナー
申込者全員、サミット2017への参加資格がもらえます!

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/rocket_bonus/00/
明日 9/13(水)まで

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る