メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年4月30日

筋膜のあそびと疼痛治療

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より…

 

 

手の感覚をどのように高めていったのか
前野先生に聞いてみました。

 

 

僕がよく言っていたように
骨模型を使って練習したり、
さらに服を着せて骨を触ったりしてたそうです。

 

 

あとは自分の体を使うのが
やはり早いです。

 

 

目をつぶった状態で、
「これ皮膚」

 

 

もうちょっと深くいって
「これ脂肪」

 

 

ここまでいって
「あっこれ、ニュルニュルっとする、これ筋膜やな。」

 

 

もうちょっと深くいって
「これ筋肉と骨の境界やな。」

 

 

「あっこれ骨や。」

 

 

という風に自分の腕を
だんだん深くまで触ることを
繰り返しやっていたそうです。

 

 

これをやった上で
セミナーで習ったことを
臨床でくりかえし使い
手の感覚を上げたんだそうです。

 

 

ポイントは手の感覚がわからないと、
テクニック持ってたって
意味ないということです。

 

 

逆に手の感覚さえ確固としたものがあると
ありとあらゆるセミナー団体がやっていることが
できてしまうんです。

 

 

前野先生はすごくて、
プレゼント動画を見ただけで
手技をモロパクリできるんですよ。

 

 

僕たちは動画を見て
体の使い方と触っているポイントがわかれば、、、

 

 

経絡だろうが、
トリガーポイントだろうが、
内臓だろうが、頭蓋だろうが、

 

 

見ただけでロジック
つまり体の原則を知っているので、
できてしまうんです。

 

 

この辺があるから
他のセミナーに行きたくないんだと思います。

 

 

あなたも感覚を身につけてしまえば
治療家にとって一生の財産なので
ひたむきに毎日毎日トレーニングしてください。

 

 

それでは本日は
僧帽筋の上部繊維を使って
自分でゆるめるエクササイズを
お伝えします。

 

 

ー藤井翔悟

 

 

PS:

全国3万9173人が効果を認めた治療手技を無料プレゼント

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る