メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年6月5日

なぜ、体療で治療が上手くなるの?

 

 

From 山野井 孝志
京都のオフィスより、、、

 

 

さて
ここで問題です。

 

 

体療を
治療前に実践すると

 

 

なぜか
筋肉が早く緩み

 

 

治療が
早く終わります。

 

 

なぜ治療が
早く終わることができるのか?

 

 

あなたは
知っていますか?

 

 

答えは、、、

 

 

治療の良し悪しを
決めるのは

 

 

テクニックでは
ありません。

 

 

テクニックを使う
セラピストに問題があります。

 

 

例えば

 

 

『包丁』

 

 

使う人によって
いろいろな結果を生み出します。

 

 

料理を作るための
道具だったり…

 

 

人を傷つけるための
武器だったり…

 

 

使うものによって
まったく逆の用途に
変わってしまいます。

 

 

これは『包丁』が
悪いのでしょうか?

 

 

いいえ
使う側の問題ですよね?

 

 

包丁はあくまで道具です。
道具に罪はありません。

 

 

これは
テクニックも一緒です。

 

 

患者さんを
治せないからといって

 

 

テクニックが
悪くはないです。

 

 

テクニックも
いわば道具です。

 

 

あなたが治せないのも
道具を使うあなたに
問題があるかもしれません。

 

 

体療は道具を使う側の
問題を解決してくれる

 

 

唯一の方法です。

 

 

もしあなたが
自分の感覚をもっと鍛えて

 

 

もっと多くの患者さんを
救いたいと思うなら

 

 

体療をやってみては
いかがですか?

 

 

僕は毎日やってますよ(^^)?

 

 

ー山野井孝志

 

PS.
【初公開】JPR協会認定
『メディカル fascia コンディショニング』

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/fasia/02/
*6/5(火) 23:59までの限定販売となります。

著者

takashi-yamanoi

関東支部長 柔道整復師 10年目 接骨院・デイサービス
【得意な治療:頸椎症の方の痛みやしびれの緩和、スポーツ外傷やスポーツによる疼痛の緩和、変形性膝関節症の方の痛みの緩和】

痛いのを当たり前と思い諦めている患者さんや、セラピストの考え方を変えたい患者さんに希望を持たせたい。疼痛治療の常識を変えたい。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る