メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年4月12日

⑩ 大腰筋の“正しい”触診方法

 

 

 

From  藤井 翔悟

 

 

 

大腰筋が関連していることがめちゃめちゃ多いんですよ。

しかし、セミナーでたくさんの受講生さんを

指導させてもらっているんですけども、

そもそも触れない人がめっちゃ多いんですよ。

 

 

 

大腰筋が触れないと治療が始まらないんですよね。

お話にすらならないので、触診のスキルというのは

僕たちセラピストは絶対に持っておかなくてはいけないと思うんですけど、

触れない方が多すぎるので、そりゃ、腰痛治らないなと僕からしたらあるんですよ。

 

 

 

触れないと評価もできないし、治療もできないからね。

これが大腰筋でどういう状態で、だからこの人は腰が痛いんだ、

大腰筋のせいで腰が痛いんだとかの判断とかも、

 

 

 

たくさん患者さんを触らせてもらっているうちに、

大腰筋の形状とかも感覚としてわかって覚えていかないといけないので、

触診のスキルは絶対に必要です。

 

 

 

なので、今日は触診の方法を、

特に1年目~3年目の新人の方には

役立つ情報だと思いますのでお伝えします。

 

 

 

ただ大腰筋なんか楽勝で触れますよ、藤井さん

というのであれば、今日の動画は意味がないので、

今すぐ×ボタンを押して頂いても結構だと思います。

 

 

 

さっそく、大腰筋を触っていただきたいんですけども、

まず起始と停止を確認してもらいたいんですけど、

胸椎12番からL4の横突起から出ているんですよ。小転子に停止しています。

 

 

 

 

(動画にて説明)大体の目安なんですけど、おへそを見つけてください。

おへそを触ってもらって、そこから指5本分くらい隣、

両サイド(腹直筋)の真下くらいを大腰筋が走行していると思って下さい。

 

 

 

おへそ見つけたら、指5本分くらいがまず腹直筋の繊維ですね。

肋骨から恥骨結合に腹筋ありますよね、これがでかいんですよ。

 

 

 

腹直筋がでかいので、触るときに支障があるので、

(動画にて)おへそから指5本分隣から

脊柱の方向に向かって垂直に指を入れていきます。

 

 

 

大体奥までいったら、これで腹筋の繊維を避けているので、

そこから内側に指を入れます。

この奥にコロッとしたのがあるので、それが大腰筋です。

 

 

 

 

(もう一回繰り返す)おへそから指5本分が腹筋の繊維なので、

それをよけながら垂直に脊柱の方向に指を入れていき、

そこから内側(おへその方向)に指を入れていくと

コロッとしたのに当たるので、それが大腰筋です。超シンプルですよね。

 

 

 

この触り方なんですけど、感覚なので実際の触る感覚は

セミナーに出ていただいて身につけていかないといけないですけど、

1番シンプルな触り方なので、まずはこれを触れれるようになってください。

 

 

 

大腰筋を触っている感覚ですけど、

普通にお腹を押されているのと違って、

苦しいとか患者さんによっては便意を

もよおすような感覚に近いという方もいます。

 

 

 

大腰筋は基本的に触れているだけで緩んできたり、

循環がよくなり腰痛が改善することも多いです。

1度あなたの患者さんに試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

腰痛治療25のポイントを知りたい人は他にいませんか?


http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/yotsu-list/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る