メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年4月12日

⑪ もう、腰痛を治せないあなたとはサヨナラしてください

 

 

 

From  藤井 翔悟

 

 

 

腰痛で絶対見逃すことのできない筋肉を挙げるとしたら、 間違いなくこれです。

大殿筋。 トリガーポイントが筋肉の治療をする上では、

痛みを理解しようとするあなたが1番とっつきやすいです。

 

 

 

筋のコリ、硬結、硬さが痛みを出すという話なんですけども、

大殿筋がいかに腰痛、腰部に訴えられる部位に症状を現すのか

っていうところを前回ご紹介した書籍がありますので、

 

 

 

 

見てもらってどんどん知識を深めていって頂ければなぁと思うんですけど、

例えば仙腸関節PSISの内側が痛い、腸骨の縁が痛い、

お尻の横が痛いという訴えはほとんどは大殿筋が関与していますよ。

 

 

 

大殿筋をいかに調整できるのかがミソになってきます。

痛みと関連しているのが大殿筋ですよという話はしているんですけど、

じゃあトリガーポイントを取るために大殿筋をいかに調整しますか?

いかに硬結をとったり、循環をよくできますか?

 

 

 

というところが腰痛の治療には大事になってくるんですけど、

大殿筋自体はうつ伏せになってもらって

お尻をただ押しているだけではいっこうに硬さは取れないです。

 

 

 

やっていただくとわかるんですけど、大殿筋は大きく、

分厚いので母指圧で押していると

こっちの指が負けてしまうし、しんどくなってしまいます。

 

 

 

ですから、是非ともあなたにやっていただきたいのが、

大殿筋がもともと緩んでいる位置を見つけて頂いて、

それでマッサージをやっていただきたいんですよ。

 

 

 

大殿筋がどの状態だと緩んでいるのか、

そこを見つけた状態でいつものマッサージをしてください。

そうすることで驚く程簡単にトリガーポイントが取れます。

そして、腰痛が改善します。

 

 

 

なおかつ、自分の手も緩んでいる状態で調整をかけるので楽です。

しかも、もっといいところは患者さんでお尻がパンパンの人は

押されるだけで痛みを訴えてしまうんですけど、

緩みの位置を作ることで患者さんの負担も少ないです。

 

 

 

大殿筋を調整すると時って力勝負で筋肉を

調整するっていうのはナンセンスですから、

緩みの位置を見つける工夫をしてみてください。

 

 

 

それがヒントになっています。

どうやって緩みの位置を見つけるかというのは

メルマガ特権でうちの協会のトップページから

メルマガを登録をしていただくと大殿筋の緩みの位置を

どうやって作るのかを話してますので、その動画をご覧下さい。

 

 

 

 

腰痛治療25のポイントを知りたい人は他にいませんか?

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/yotsu-list/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る