メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2017年8月19日

【悩み】肥満の方の大腰筋の触診方法は?

 

From 藤井翔悟
京都市の自宅デスクより…

 

 

僕もそろそろ実家に帰らないといけないですね。

 

 

3ヶ月くらい帰ってないですね。

 

 

僕の実家は兵庫県の丹波篠山っていう、
田舎に、ど、がつくところなので、
田植えも、手伝わないといけないんです。

 

 

今は会社を経営してますけど、
将来的には、妻と子供と田舎に暮らすのかなぁ、
と、お盆になるとしんみり考えてしまいます。

 

 

そんな感じで思っているのですけど、
今日もですね、腰痛に対する考え方、
アプローチ法を考えていきたいと思います。

 

 

腰痛は、
非常によく見る疾患だと思います。

 

 

急性期病棟だろうが、
回復期だろうが、
外来だろうがです。

 

 

腰痛は日常茶飯事で、
日本人の10人いたら8人は、
腰痛を経験すると言われてます。

 

 

なおかつ、あなたもご存知のように、
腰痛は原因を特定できることが
少ないです。

 

 

画像所見とか、レントゲンとか、
MRIとかCTを撮ってみても、
画像と症状がまったく一致しません。

 

 

こうゆう意味で、西洋医学的には、
見離された、疾患の一つでもあります。

 

 

急性の腰痛だったり、腫瘍とか、
明らかにヘルニアであれば、
整形外科的な処方が、功を奏します。

 

 

ただ僕たちが日常的に出会う、

 

 

「ちょっと腰痛いな。」
「立ってると、だるいんや。」
「慢性的に20年、腰痛いです、、、」

 

 

などの訴えは、
西洋医学が適応にならない事が
すごく多いですね。

 

 

ですから腰痛こそ、
この手で改善できる、
ステージだと思ってます。

 

 

要は、繊維性の結合組織、
もしくはファシア、もしくは筋膜と
呼ばれるものを、

 

 

評価できる、
調整できる、
治療ができる。

 

 

このスキルを持っている人は、
今の世の中に、必要とされています。

 

 

ですので、この動画を見ておられる、
意欲の高いPTさん、柔整師さん、
もしくはその他のセラピストの先生は、

 

 

この手でできる事を、なめないでください。

 

 

この手でできる事っていうのは、
患者さんの地獄のような人生を変える、
本当に協力な武器になります。

 

 

最近とくに臨床でこれを実感しているので、
ぜひとも、世の中に広げたいと思いながら、
今日もしゃべっています。

 

 

さて、大腰筋の話です。

 

 

大腰筋は、いわゆる背中の筋肉で、
水平断で見ると、腰方形筋の内側、
腎臓のすぐ近くを走行する筋肉です。

 

 

腰痛と大腰筋は、
切っても切れない関係性があります。

 

 

僕たちも臨床上、
大腰筋で痛みを感じておられる
患者さんを数多くみています。

 

 

見るべきポイントとしては、
腸骨筋と走行がかぶっている場所、
横隔膜と走行がかぶっている場所、
もしくは小転子の部分ですね。

 

 

筋腱移行部だったり、
筋膜自体の走行が
クロスしている部分。

 

 

ここに筋硬結ができやすいですよ、
って部分があるので、ここにアプローチ
する事が、ポイントとなります。

 

 

で、大腰筋で、
みなさんからご質問をいただくのは、
なんなのかと言いますと。

 

 

肥満の人、ですね。

 

 

太っている人の場合、
大腰筋は触れないんじゃないですか?

 

 

この質問をセミナーなどでよくいただきます。

 

 

その前に、
実は最近、エコーを使って、
大腰筋の走行を追ったんです。

 

 

僕の考えている、イメージの大腰筋と、
エコーで見ている大腰筋ってものが、
一緒なのかどうかを、検証したんですね。

 

 

自分の手の感覚と、
本当の大腰筋の場所は
当たってるのか?

 

 

結果としては、
走行のすべてで、
僕の認識と合っていました。

 

 

エコーが見れる先生と一緒に、
検証したんですけど、合ってたんですね。

 

 

ですから、大腰筋の触診は、
教科書的な、ASIS付近の表層だけ、
って事はまったくありません。

 

 

これは、まだそういった事実が
広まっていないだけであって、
いすれ誰かが、完全に証明すると思います。

 

 

なのでこの3箇所で大腰筋は、
触れる事ができます。

 

 

同じように、
肥満の方でも、大腰筋は触れます。

 

 

この動画では、肥満の人の大腰筋を触る時の
ポイントについて、あなたにお話していきます。

 

 

-藤井翔悟

 

 

P.S
【新発表】
自費で120万円を売り上げる
”秘密”の設計図はこちら

http://xn--zqsp1d31uvjd0yjiubpygqxl6y6d.com/md_roadmap/
*8月21日までの限定案内

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る