メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年1月29日

なぜ、MPS由来の腰痛には殿部が必須なのか?

 

From 藤井翔悟
東京の腰痛セミナー会場より、、、

 

 

本日は先日開催されました
腰痛セミナー会場の模様を
一部お伝えしていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

では一番最初なんですけど
大殿筋ですね。

 

 

ま、大殿筋という
特定の筋肉というより
殿部ですね。

 

 

非常にみます。

 

 

ここに来られている方も
すでに腰痛を変化させたことが
ご経験としてあるのではないでしょうか?

 

 

今まで腰痛で
殿筋を治療やって
ほぼ痛みとったって方

 

 

手あげて。

 

 

ま当然ですよね、

 

 

けど痛みが取れた反面
あなたは何に直面していますか。

 

 

そうです。

 

 

取りきれない
もどる

 

 

これがある人、手あげて。

 

 

ですよね。

 

 

殿部硬い人って
めちゃめちゃ硬いですし

 

 

やってもやっても
すぐ戻る人とかね。

 

 

あとはお尻のしびれ取れない。
取れてもその場だけとか。

 

 

あるいは
ゆるみきれてる感覚がない、、、

 

 

ほんとそうで

 

 

殿部を制すれば
腰痛改善率が
一気に高くなります。

 

 

そのためには
殿部にある組織間の滑走性が
どうすれば最も効率的になるのか。

 

 

そんな構造解剖学的なことを
学ぶ必要があります。

 

 

あとはつながりですね。

 

 

筋膜の連結に対する知識も
身に付けないといけません。

 

 

でこのことは
僕がずっと研究してきました。

 

 

やっぱ殿筋ね
ゆるめたかったんですよ。

 

 

殿筋をゆるめ切ったつもりで
ゆるみ切っていなかったし。

 

 

やっぱ戻るってのも
腹立つじゃないですか。

 

 

「なんでやねん!」って
自分で思ったりもします。

 

 

だからドンドン自分でやた結果
最も効率的なやり方を完成しました。

 

 

のでそれを
今日はみなさんに
学んでいただきます。

 

 

そのとき
大事な治療のポイントは、、、
・・・こちらの動画でご確認ください!

 

 

-藤井翔悟

 

 

P.S:
すでに413名が実践されています。
ここに効果実証済みの18の筋膜リリーステクニックがあります。

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com//kn04_tanren/
*2/1(木)まで半額

 

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る