メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年4月12日

㉓ いつでも腰痛患者の痺れを改善する方法

 

 

 

 

 

From 藤井 翔悟

 

 

 

僕は筋の治療をよくするので、ポイントで筋の名前を挙げて、

筋を使ってどうやって頚椎を調整していくのかという話、

神経をどうやって調整していくかという話をお伝えさせてもらっていました。

 

 

 

 

今日はもうひとつポイントを

あなたにお伝えさせてもらおうと思います。

 

 

 

 

ずばり、これですね。後頭下筋です。

後頭下筋が実はシビレと関連しているケースもあります。

後頭下筋の走行を考えてもらいたんですけど、

後頭骨からC1とかC2にくっ付いていているんですよ、この筋肉。

 

 

 

 

カイロの先生やオステの先生とかって

棘突起触って直で動かす方もいらっしゃるんですけど、

そのやり方でもいいんですけども、

 

 

 

 

椎体だけ動かしても周りの筋や神経自体が

元の位置に戻っていなかったりとか

絞扼が解除されていなかったら

シビレってなんも変わらないんですよ。

 

 

 

 

ですから、筋を調整することによって

頚椎だったりとか神経というのを

一緒に調整しちゃう方が

実は早かったりするっていうのが

僕自身の経験上わかっているんです。

 

 

 

 

治療していく時も後頭下筋を調整していくと

C1とかC2の動きがすごい良くなります。

単純に頚椎の可動性が良くなりますし、

頚部周囲の筋出力も瞬間的に向上してます。

 

 

 

 

その時に何が起こっているのかというとですね、

腕神経叢レベルでの神経の絞扼だったりとか

もしくは椎体の椎間関節の可動性も良くなっていますので

 

 

 

 

屈伸に伴う放散痛ですよね、よく上に向くとシビレる方ってね、

手がシビレる方もいるんですけど、

上を向くとお尻や足がシビレるというケースも結構いるんですよ。

そういった方は後頭下筋なんですよ。

 

 

 

 

といった症例を僕はたくさん出会ってきていますので、

この筋を知ってたりだとか調整できることというのは

シビレの改善にすごく意味があるんだなぁと思っております。

 

 

 

 

腰痛改善率91.7%のセラピストがコッソリ教える

腰痛治療25のポイントを知りたい人は他にいませんか?

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/yotsu-list/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る