メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2015年4月12日

㉔ なぜ何人かのPTは、いつも腰痛患者をほとんど治せているのか?

 

 

 

 

 

 

From 藤井 翔悟

 

 

 

 

今日はイレギュラーと書いてあるんですけど、

この間腰痛シリーズめちゃ長いです。

 

 

 

 

というのも僕が腰痛専門で整体院をやっていますので、

腰痛の方ばかり診ているので、

どれだけでも話はできるんですけど、

今日はイレギュラーパターンに対して対応できるかどうかで

腰痛の改善率はすごく変わってくるんですよね。

 

 

 

 

腰痛に対してシビレだとかヘルニアをどう考えてて、

ヘルニアであっても改善が望めますという

色んな症例お伝えさせてもらっていたんですけど、

このイレギュラーパターンにどう対応できるか

というのもすごく大事になってきます。

 

 

 

 

いわゆる仙腸関節とか大腰筋とか頚椎をやっていれば

大体腰痛って痛みが変わるものなのですが、

それでもいまいちスッキリしないだとか、

なかなか効果が出ないという方は必ずいらっしゃいますので、

そういった方のどれだけの評価が正確にできて、

治療が正確に出来るのかというところが大事になってきます。

 

 

 

 

イレギュラーの方の特徴としてはベタなところ、

今まで動画で話させてもらった部位は

まさに腰痛の王道みたいなところの話を

させてもらっていたんですけど、

 

 

 

 

今まで動画で話していた部位が効かない人、

結果が出ない人は必ず出会うはずです。

 

 

 

 

 

僕もどんどん出会していくんですけど、

こういった方々にどういう風に考えていくか、

どういう風に結果を出していくかところが実はこれになります。

 

 

 

 

視診と問診がここで決め手になってくるんですよね。

イレギュラーな人だからこそ視診と問診というふうな

理学療法の教科書の最初に出てくるようなことですけど、

ここの立ち返ります。

 

 

 

 

ここでどれだけ見る目があって、

的確な質問が出来るのかというところが

実はその方の腰痛の原因を見抜く

大きなヒントになっているんですね。

 

 

 

 

これは何を利用しているのか、

僕が治療の時に何を大事にしているのかというと

筋膜の形状記憶、筋膜には形状記憶という性質がありますので、

 

 

 

 

つまりその方のアライメントとか動作とか

日常的に反復されている動作だったりとか習慣に

実はイレギュラーな腰痛の方を治すヒントが隠されています。

 

 

 

 

筋膜の形状記憶という特性をうまく使っているんですよね。

視診と問診がしっかりできれば痛みの原因は比較的見つけやすくなります。

例え話でいうとハンマー投げの選手と

フルマラソンを走る選手って体つきが全然違うと思うんですよ。

 

 

 

 

ハンマー投げの選手は上部体幹や肩甲帯や

頚部周囲が筋肉モリモリになっていると思いますし、

フルマラソンの選手はシュッとしていて、

やせ型で首の周りが硬かったりとか特徴があるんですけど、

 

 

 

 

そういったなんの動作をしていて、

どういう風な習慣があるのかというところで

体つきは全然違うんですよ。

 

 

 

 

なおかつ硬くなりやすい場所、動きにくい部位、

伸びてしまっている部位が大体決まってきます。

そこにイレギュラーの腰痛を治すためのヒントがあるんですよね。

 

 

 

 

ですから、治せない方、結果が出せない方は

もう一度視診と問診に立ち返る必要が僕はあると思っています。

 

 

 

 

当たり前のように聞こえますし、誰でも理解している、

決して新しいことではないと思うんですけど、

こういったところをいかに大事にできるかで

結果の出方や腰痛の改善率はめちゃめちゃ変わってくる

というところを僕自身が体感しているところなので、

 

 

 

 

イレギュラーな方に対応するには筋膜の形状記憶という

性質を利用して視診と問診に立ち返るんですよ。

という話をさせてもらいました。

 

 

 

 

腰痛改善率91.7%のセラピストがコッソリ教える

腰痛治療25のポイントを知りたい人は他にいませんか?

http://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/yotsu-list/

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る