メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年2月18日

膝が痛い:これ小殿筋が原因?

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より、、、

 

 

ぼく今日
治療院にひざびざ来ております。

 

 

やっぱり治療は楽しいですね。

 

 

あとは僕の原点なので
手をなまらせないようにしてます。

 

 

診させてもらう患者さんは
開業当初に比べて
本当に少なくなりました。

 

 

そんな中開業して5年
ずっと通ってくれてる
患者さんがいます。

 

 

そういった患者さんに
しっかりしたものを提供するため
今も治療スキルは鍛錬してます。

 

 

では本日も
膝痛の話をしていきます。

 

 

なぜ膝痛を治す必要があるのか。

 

 

僕は外来でリハビリしてた時
膝の痛みでオーダーがよく出てました。

 

 

また回復期リハビリ病棟では
脳卒中の方に歩行訓練をしたいけど

 

 

膝に痛みが出てしまい
リハビリが進まない
というような事もありました。

 

 

こんなふうにね
どんな現場でも膝が痛い
そんな方はいらっしゃいます。

 

 

間違いなく1例や2例は。

 

 

そういった方へ
あなたがどれだけ徒手で
結果を出せるのか…

 

 

これが臨床では
価値があるんではと思ってます。

 

 

膝の痛みで多いのは
いわゆる膝OAですね。

 

 

一般的には
関節面や関節軟骨がすりへって
痛みが出ていると言われています。

 

 

確かにそのような機序で
痛みは出ます。

 

 

でも10ある痛みが
ぜんぶ骨棘のせいなのでしょうか。

 

 

実はそうではない
という報告もあります。

 

 

TKAのオペをし
膝のアライメントが整っても
まだ、痛みが残存する、、、

 

 

こうゆう患者さんがいるのも
これ事実なんです。

 

 

そんな時にあなたが
見るべきポイントは関節内じゃなく…

 

 

関節外なんです。

 

 

筋膜のつながりだったりとか
機能構造学にもとづいて
アプローチすると

 

 

膝関節には
アプローチしないのに

 

 

それだけで痛みが減る

 

 

という事を僕自身
多く経験してきました。

 

 

なのであなたが同じアプローチを
1週間続けても変化がないならば

 

 

アプローチの内容を変えていくべきだと
僕は思っています。

 

 

とくに筋トレを処方される
先生ですね。

 

 

たしかに
筋トレをすることによって
免荷の作用があったり

 

 

関節面が安定して
スタビリティーが向上します。

 

 

でも筋トレは高齢の方だったり
外来で週1しか来ない方には
即効性がないのです。

 

 

僕たちは限られた日数の中で
結果を出さないといけません。

 

 

なので
筋トレも必要だと思うんですけど
筋トレだけしか処方できない。

 

 

これは個人の勉強不足
なんじゃないのかなと
僕としては思ってます。

 

 

じゃ具体的にどこをみれば
いいのかって話ですよね。

 

 

膝の痛みのパターンで考えると
膝の外側の筋膜ラインを介して

 

 

痛みが出ておられる方って
非常に多いです。

 

 

このことはあなたも
ご存知のことでしょう。

 

 

何が言いたいのかと言うと
膝の外側や内側に痛みが出てても

 

 

結局筋膜のつながりの
始まりの場所ですね。

 

 

小殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋

 

 

このあたりに膝の痛みの
原因が集約される事が
めっちゃ多く見受けられるんです。

 

 

事実この情報を知ってるだけで

 

 

あなたが今まで改善できなかった
膝の痛みを改善できるようになるんです!

 

 

-藤井翔悟

 

 

 

 

PS.
僕の貴重な2日間を
あなたのためにご用意させていただきました。

《今すぐ申し込む》
https://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/yotsu-seminor/03/
*今日まで

 

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る