6月25日までの無料案内
無料招待
今回だけ!
「まるで専門の学校で学ぶように」
教科書をもとに進める新感覚リアルセミナー
【セミナー限定教科書】
筋膜ど素人でも、明日からすぐに使える
筋膜入門の教科書

あなたはこんな悩みはありませんか?

こんな悩みがあるのであれば、この教科書はあなたのための教科書になります。この教科書には、筋膜とはなにか?筋膜を使ってどう治療するのか?実際に治る筋膜のテクニックまで筋膜を学びたい!と思っているあなたが学ぶべき知識と技術が0から100まですべて詰まっています。

ただ、「教科書だけだとどうも実際の現場に落とし込みにくい…」という声もあります。ですので、今回のこのセミナーではこの教科書を使いながら、解説しながら実際にリアルセミナーを進めていきたいと思います。ですので、このアナトミートレイン完全攻略BOOKは今回のセミナーのためだけに作られた教科書になります。

このセミナーは
無料なのか?

なぜ無料なのか?

それは、痛みが取りきれず患者さんに対して「申し訳ない」と思っているセラピストに、自信を持って治療ができるようになってほしいからです。また、無料で参加していただいた方の一部(10人に1人くらいかな?)が私たちが有料で行なっているベーシックコースに興味を持ってくれるんじゃないかと思ったからです。

ですので、筋膜を0から学べるこのリアルセミナーと教科書が手に入るのは、実質これを募集する3日間のみです。もしあなたがど素人でもすぐにできる筋膜治療を手に入れ、今より3倍以上治療に自信がつき、患者さんに申し訳ない...という気持ちを払拭したいのであれば、このセミナーと教科書をいますぐ手に入れてください。
このセミナーと教科書の2つが手に入るのは、3日間のみです。

そもそも、
筋膜治療実践セミナーってなに?

あなたはこんなこと思ったことはありませんか?

こんなこと考えたことがあるなら、間違いなく受講してほしい内容になっています。このセミナーでは、筋膜ってなに?筋膜治療でまずなにをすればいいの?痛みを治すための筋膜治療テクニックなど、筋膜治療を0から全てたった1日で学べるセミナーになっています。それも、専門用語を極力使わず、シンプルに、簡単に、明日からすぐに使えるように実践形式で行なっていきます。ですので、あなたが知識がなくても明日から自信を持って痛みに対する筋膜治療ができるようになります。

でも、根本的にこのセミナーを開催しようと思ったのか?
それは、治らずに苦しむ患者さんが多すぎたからです。その裏には、こんな不都合な真実があるのです、、、

病院では腰痛が改善しない
不都合な真実

あなたは、不思議に思ったことがありませんか?

なぜ世の中には病院や整骨院があふれているのに、あなたの周りには(あなたを含め)病院や整骨院に通って、腰痛がなくなりました!という人がほとんどいないのか?

実はこれには、日本のお医者さんが、あまり口にしたがらない真実があります。その真実を知らずに腰痛を治すことはできないのです。しかし、彼らはそれを表立って話すことはありません。なぜか?

それを口にしてしまうと、誰も病院で手術をしたり注射を打たず、薬をもらなくなり、病院が潰れてしまうからです。例えば、、、

腰痛が改善しないのには
”ある真実”があります…

それを口にしてしまうと、誰も病院で手術をしたり注射を打たず、薬をもらわなくなり、病院が潰れてしまうからです。例えば、、、

【不都合な真実①】
医療機関では、腰痛は15%しか改善しない

図

上の図は、権威あるアメリカ医師会の公式雑誌に掲載されたものです。この中では、病院が治療対象にしている椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など(特異的腰痛と呼ばれるもの)は腰痛患者全体の約15%だと公式に発表しています。これはつまり手術して治る人が15%ほどしかいないということを指しています。

【不都合な真実②】
腰痛がない人の7割が「骨に異常がある」
(レントゲンで異常がある)

図

46名の健常者(腰痛がない人)をMRI検査をした所の36名(全体の76%)に椎間板ヘルニアや脊椎変形が検出されました。これは、腰痛でない人の76%に椎間板ヘルニアが見つかったという事実です。
腰痛=ヘルニア(背骨の問題)ということではないということが、国際的な腰痛学会で公式に発表されています。ちなみにこの情報は国際腰痛学界のボルボ賞を受賞した世界的に有名な研究です。(ボルボ賞とは腰痛学会のノーベル賞のようなものです)

【不都合な真実③】
ヘルニアは手術しても、痺れ・痛みは改善しない

図


上の図は、腰痛で手術した人、手術しなかった人の痛みの経過を追った図になります。これを見てもらって分かる通り、手術した瞬間は手術した人(赤線)の方が痛みや体の障害は減ります。しかし、3か月後以降は、手術してもしなくてもほとんど痛みが変わらないという結果になっています。
「手術=治る」というものもイコールではないということです。

そう。
これらは彼らにとって”不都合な真実”なのです。

なので、彼らの話のほとんどが曖昧で、根本的に治していくというものではないのです。例えば、、、

「レントゲン見ても異常はないから、安静にしておきましょう。」、「痛み止めと湿布を出しておくのでこれで様子みましょうね。」、などなど、、、。

それらが必ずしも間違っているというわけではないかもしれません。ただし、それで良くなる人はごく少数でしょう。ほとんどの場合、痛みが変わらないか、痛くなったら薬を飲むという薬漬けになる人がほとんどです。

ちょっと待って。
痛みが取れる人もいる…なぜ?

でもそんな中でも治っていく人がいるのも事実です。痛みがなくなり、自分の好きなことを、好きな時に、好きな分だけできるようになる人もいるのです。

voice
「仕事中の痛みが取れて仕事の効率が良くなりました。
おかげで、早く帰れるようになりました。
今では仕事が楽しくすることができています!」
(45歳女性 OL勤務)
voice
「旅行好きだったんですが、長時間座るのが億劫で、飛行機に乗れなかったんです。でも、今は飛行機に乗れるようになって、行きたいところにすぐに行けるようになりました!」
(64歳女性 )
voice
「寝返りしたときの足の先まで走るビリビリッという痺れがなくなって、寝るのがだいぶ楽になりました。
今ではぐっすり眠れるようになっています!」
(39歳男性)

このような人たちは、普通の腰痛の治療と何が違うのか?それは、根本的に原因をなくす治療をしたからです。それが、今回紹介する筋膜治療なのです。

そんな筋膜治療を学べて、ど素人でも、明日から、すぐに痛みを取れるようになる無料セミナーがこれになります、、、

このセミナーは、たった1日で筋膜治療の概要から、実際のテクニック まで学べる実践型リアルセミナーになります。このセミナーの中身を紹 介すると、、、


image

Session#1

疼痛治療の秘密を公開
簡単!3ステップ
筋膜治療

ほとんどの人は、疼痛治療を難しく考えています。知識、経験、技術すべてあるゴッドハンドがやるものだと思っています。しかしそれは間違いです。このような間違った考えを持ってたら、痛みは治せません。

なのでセッション1では疼痛治療の全体像、治療の秘訣や考え方を、3ステップで学びます。これを一度知ればあなたが考えるより、疼痛治療の敷居がずっと低くなります。どのように痛みを取り除くのかの秘密がわかるので、様々な疾患に応用できます。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

  • 今よりも半分の時間で、2倍の成果を出す”たった1つの習慣”がわかります。これを実践するのには5秒もかかりません。
  • 経験が少なくても、痛み治療で結果を出す秘密がわかります。
  • 今まであなたが学んだことも、最大限に活用できるようになります。
image

Session#2

公開!
筋膜リリースとは?

あなたが治療家なら、さまざまな痛みにアプローチしているはずです。でも何が正しい治療なのか?どれが効果的なのか?これを想像することさえせず、ただ筋肉をストレッチなどしていませんか?ストレッチで痛みは取れないのに、、、。

でも安心してください。

この講座では、筋膜リリースで痛みを取る方法をお伝えしています。最新の徒手療法です。もしあなたが未経験でもこのやり方ならば、効果的な疼痛治療ができます。この方法は今までの受講生から大好評だったので、安心して使ってください。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

image

Session#3

「筋膜のつながり」
を使って
痛みを取る方法

「痛い場所をマッサージしても、変化がない、、、」

治療家になると、必ずこういう悩みを聞きます。その時にちょっとした「筋膜のつながり」の知識があると、その痛みを治すことができます。

セッション3では、この魔法の「筋膜のつながり」の知識を学びます。基礎的なものではあるものの、これを知らなければ治せるようになりません。世の中の疼痛治療テクニックは、この「筋膜のつながり」の知識があるからこそ、有効に使えるのです。

「筋膜のつながり」は2つのみで、とてもシンプルです。この2つの「筋膜のつながり」を知るだけで、痛みが治せるようになるなら、楽だと思いませんか?

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

  • 正しいアナトミートレインの、臨床での使い方がわかります。
  • 注意!これを知る前に、疼痛治療のテクニックを学ばないでください…
  • もしあなたが、理学療法士として痛みとしびれを改善してあげたいなら…これをやってあげてください。
image

Session#4

疼痛誘発動作
3秒で痛みの原因を
探す方法

なぜ、この講座は1,890人に参加してもらえ、多くの人が成果を出せたのでしょうか?答えの一つは、セッション4にあります。

どんな痛みでも原因がわからなければ、治療はできません。なぜ痛みが出ているのか?それを実現するのが「疼痛誘発動作」です。

でも多くの人は、痛みの原因にたどりつけてないのに治療をしてしまいます。とうぜん結果は出ずに悩むのです。

でも安心してください。実は筋肉のあるポイントを抑えて、きまった動きをしてもらうと、痛みの原因がわかるようになります。

それが疼痛誘発動作です。セッション4では、この疼痛誘発動作を使った痛みの評価法を学びます。これはどこの部位でも使える評価法です。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

image

Session#5

腰痛改善率を91.7%にする
大腰筋
筋膜リリース
テクニック

筋膜リリースとは?痛みの原因はわかったけど、何をすればいいのか?どうやって筋膜をリリースすればいいのか?

触診部位、立ち位置、圧の強さ・・・などなど。筋膜リリースをしたことがないと、わからないことだらけですよね。

このセッションでは、痛み治療の改善率に大きな影響を与える、大腰筋の筋膜リリーステクニックについて学びます。疼痛治療では100%と言う程、大腰筋は必要です。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

  • 91.7%以上の確率で成果を出している藤井流「大腰筋」筋膜リリース」を公開・・・実は高い確率で成果を上げるにはひとつしか方法はありません。その方法を公開!
  • 確実に患者さんの痛みを取り去る方法・・・知っていましたか?ただマッサージをしても筋膜はひとつもゆるまないのです。あなたはこの方法で、確実に大腰筋をリリースしてください。
  • 高い改善率の秘密がわかります。大腰筋「筋膜リリース」の正しいやり方を公開!やり方を間違えると、筋膜がゆるまなかったり、リリースするのに手間ばかりかかったり、筋膜が反応しなかったり、なんてことがおこります。それを防ぎ、適正な治療結果を得る正しい方法がわかります。
image

Session#6

脊柱管狭窄症
坐骨神経痛の真の原因
大殿筋
筋膜リリース
テクニック

厚生労働省の調査によると、腰痛に悩む日本人は毎年1000万人単位で増えています。10人に1人が持っているとされてます。この数字は日に日に増えています。何より注目すべきは、慢性腰痛の85%はレントゲンでは異常がなく原因不明となってることです。

となれば今後の主流は腰痛ということになりますよね。腰痛に対応できなければ、僕たち治療家を頼ってくれる患者さんを、みすみす裏切ることになるわけですから…

このセッションでは、腰痛に91%以上関わる「大殿筋」について徹底解説します。世の中で良いと言われている方法では、大殿筋はゆるまないので注意してください。このセッションでは効果実証済みの「大殿筋」 筋膜リリーステクニックをお伝えします…

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

image

Session#7

ぎっくり腰にはこの筋肉!
腰方形筋
筋膜リリース
テクニック

「あと少し、痛みが残っちゃったな、、、」

疼痛治療ができるようになると、必ずこういう悩みを聞きます。その時にちょっとした場所である「腰方形筋」を評価、治療できると、その痛みがスッとなくなります。まったく痛みが変化しない腰痛患者さんも、この「腰方形筋」筋膜リリーステクニックで痛みが改善することも非常に多くあります。

セッション7では、この「腰方形筋」筋膜リリーステクニックを学びます。基礎的なものではあるものの、これがなければ治せる患者も治りません。取りきれない腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症など、この「腰方形筋」筋膜リリーステクニックだからこそ、改善に導けるのです。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

  • 正しい「腰方形筋」筋膜リリーステクニックがわかります。その結果、残ってた患者さんの痛みをとりきることができます。
  • これができる前に、新しいテクニックを学ばないでください…このセッションを学ぶ前に、治療テクニックを学んでしまうと、ファンになる患者さんを減らしてしまいます。
  • 幅広く患者さんの痛みを全身治せるようになります。堂々と治療家としての仕事ができる。なのであなたの人生は今後、充実していくでしょう…
image

Session#8

腰痛、肩こり、頭痛、
しびれの真犯人!
斜角筋
筋膜リリース
テクニック

「首」ほど重要な部位はないですよね?

人間の動作は、すべて首の動きから始まっている。こう言われるように、立ち上がりや振り返りなどまず首から、人間は動き出します。なので頸部は体の中で最も重要な部分です。このセッションを受ければ、、強力な頸部の筋肉である斜角筋の筋膜リリーステクニックを習得できます。そして強力な改善率で、腰痛だけでなく、頸部痛、頭痛、肩こり、めまい、しびれなど、5個以上の主訴に対応できるようになります。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

image

Session#9

1日の学びをまとめる
初心者でもできた
筋膜治療
マンツーマン指導

このセッションでは、今日のセミナーで習った全てのスキルを実際にどういう手順であなたの患者に行うのかというステップを実際にペアで実技練習してもらいます。他のセミナーでは見られない、より臨床に近い治療場面をみることができるので、具体的に、痛み患者の評価→治療のイメージが持てます。

このセッションが終わるころ、あなたは・・・

  • このセミナーで習ったスキルが成熟するので明日の臨床からいきなり結果をだせるようになります…
  • ペアの痛みが改善してしまうので、このセミナーでお伝えする治療スキルの高さを実感することができます…
  • セミナーで教わった内容を、点を線にしてつなげることができるので、頭が整理され、評価→治療の流れがスムーズになり臨床で迷うことはありません…

<特典①>
新人セラピストのための
『腰痛の急所』
-マネするだけで出来る多裂筋療法-

Image

こちらの動画では、腰痛を一撃で改善する多裂筋リリーステクニックをお伝えします!これは当協会の技術開発部長の前野真一郎が今臨床で一番使っているテクニックです。

これによって治療家として患者さんと向き合う時の、不安や悩みを解消することができます。

<特典②>
大腰筋でもダメだった下肢の痺れの原因はコレ!
外閉鎖筋リリースメソッド(非売品)

*動画でのご提供。セミナー会場でお渡しします。
Image

もし、あなたが腰痛治療で、、、 大殿筋、大腰筋をリリースしても、ある程度改善はするが、伸展時に出る下肢の痺れや前屈時に出る腰の痛みがどうしても改善できない。それどころか少しでも大殿筋のリリースが足らないと、ほとんど痛みが改善しない。常に全力でリリースしている。そんな必死の腰痛治療を変えたいと思うのであれば、外閉鎖筋を治療してください。大殿筋、大腰筋をリリースしても、伸展時に出る下肢の痺れや前屈時に出る腰の痛みの原因は外閉鎖筋です。外閉鎖筋の治療テクニックはあなたの臨床を変えるテクニックになるかもしれませ ん。。

<特典③>
「筋膜リリースでは必要不可欠な知識を図式化!
「教科書には載っていない筋膜のつながり」
に関する資料(非売品)

*動画でのご提供。セミナー会場でお渡しします。
Image

もしあなたが、「臨床で痛み治療で確実なる結果を出す」ことを目標として、日々技術の向上に努めているのであれば・・・その最初の一歩である、筋膜のつながりについて知ることが欠かせません。そしてそれをカバーしているのがこの資料です。これは、実際に代表の藤井翔悟の臨床経験の中のデータを元に作成されています。痛み治療を行う上で、必須の知識とデータになります。まずはこの資料で学習することから始めて下さい。

<特典④>
「痛みの原因筋を一瞬で見つける、
疼痛誘発動作の理解と触診のすべて」(非売品)

*動画でのご提供。セミナー会場でお渡しします。
Image

なぜ、僕達がこんなに圧倒的に患者の痛みを治し続けることができるのか?
それはとても簡単な理由です。疼痛治療をするときに「患者さんごとに、どこが痛みの原因なのか?」を正確に評価できるからです。痛みの原因を評価できること・・・それは疼痛治療における根幹部分を指します。評価なしでは治療は成り立ちませんよね。
この動画セミナーでは、効果実証済みの疼痛治療に特化した評価方法を学ぶことができます。目からウロコの情報をお伝えするので、ノートとペンを準備して学習してください。

<特典⑤>
仙腸関節を調整しても変化しない腰痛の治療テクニック
胸郭矯正テクニック(非売品)

*動画でのご提供。セミナー会場でお渡しします。
Image

もしあなたが、仙腸関節をリリースしたとしても腰痛が変化ないのであれば、それは胸郭に問題があるかもしれません。あなたは慢性腰痛の患者さんの胸郭の硬さを見たことがありますか?多くの患者さんは胸郭に可動性がなくガチガチになっていることが多いです。胸郭には仙腸関節と同様に、大腰筋や広背筋、大殿筋などの体を支える主要筋膜が付着しています。なので胸郭が柔らかくないと筋膜に悪影響が出てしまい腰痛の原因となってしまいます。この胸郭矯正テクニックでは腰痛治療に必要な胸郭の評価方法、治療テクニックを収録しています。これを見ることであなたは、今まで仙腸関節をリリースしても改善できなかった腰痛を胸郭をリリースすることで結果を出すことができるでしょう。

今回だけの限定教科書
筋膜ど素人でも、明日からすぐに使える
筋膜入門の教科書

まとめると、
今日あなたが貰うものはこれです、、、

 
内容 金額
筋膜治療実践セミナー 市場価値
29,980円
無料
アナトミーライン完全攻略BOOK 市場価値
4,980円
無料
新人セラピストのための「腰痛の急所」 市場価値
19,980円
無料
外閉鎖筋リリースメソッド 市場価値
19,980円
無料
教科書に載っていない筋膜のつながり 市場価値
29,800円
無料
疼痛誘発動作の理解と触診のすべて 市場価値
29,800円
無料
胸郭矯正テクニック 市場価値
19,980円
無料
  154,860円
(税別)
無料
*会場費の2,050円だけご負担ください

ど素人大歓迎

「筋肉の名前も知らないし、私なんか無理でしょ…」と思っているあなたであれば、間違いなく受けて欲しいセミナーになります。このセミナーの受講生の49.1%が国家資格を持たない素人セラピストです(リラクゼーションスタッフ、無資格整体師、アロマセラピスト、サラリーマンなど)。ですので、セミナーの中身は専門用語を極力使わず、誰でも分かりやすいように、明日から、すぐに使えるようにまとめています。なのでまだ治療をしたこともない、ど素人のあなただからこそ、まずは受けて欲しいのです。

約束

明日から、マネするだけで
自信を持って筋膜治療ができるようになります。

このセミナーを受けていただいた方の97.1%以上の人が「満足」と答えていただいています。また、「素人の私でもできた!」「マネして簡単にできるようになった!」「明日からすぐに使える!」という声をいただいています。ですので、あなたがこのセミナーに参加して、参加しなければよかった...ということはほとんどありません。むしろ、自信がないあなただからこそ、患者さんを治すために参加して欲しいのです。

【土日開催】
どこ↓で参加しますか?
参加費:無料

【関東会場】
日程
7月20日(土)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
7月21日(日)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
7月28日(日)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
*1回が3時間セミナーです。どこでも参加可能です。
*どの会も同じ内容になります。
会場 東京都内
(お申し込みを頂いた方に個別に連絡いたします)
【関西会場】
日程
7月20日(土)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
7月28日(日)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
*1回が3時間セミナーです。どこでも参加可能です。
*どの会も同じ内容になります。
会場 京都市内
(お申し込みを頂いた方に個別に連絡いたします)
【東海会場】
日程
7月28日(日)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
*1回が3時間セミナーです。どこでも参加可能です。
*どの会も同じ内容になります。
会場 名古屋市内
(お申し込みを頂いた方に個別に連絡いたします)
【九州会場】
日程
7月28日(日)
①10:00〜13:00
②14:00〜17:00
*1回が3時間セミナーです。どこでも参加可能です。
*どの会も同じ内容になります。
会場 福岡市内
(お申し込みを頂いた方に個別に連絡いたします)

筋膜治療で痛みは0にできる。
それももどりなく。

なぜそこまで強気で言えるのか?それは、患者さんがそう言ってくれるからです。私が言ってるんじゃないんです。それも私だけでなく、受講生の患者さんも同じように言ってくれるのです。

「なんとなく治せるけど・・・」そう思っていた理学療法士、柔道整復師、作業療法士、鍼灸師、整体師、医師、治療経験0の患者さん、税理士、、、など、多くの人が患者さんに「ありがとう」と感謝される治療家になっているのです。

それだけ効果が実証された講座です。もちろん独学で痛み治療を学ぶこともできます。でもそこから、患者さんに感謝される治療家になるには、たくさんの試行錯誤や練習が必要です。多額のお金の投資、時間の投資が必要です。

でも、この講座ではその素行錯誤を短縮できます。疼痛治療はあなたが思っているよりもずっと敷居が低いです。治せる治療家になれば、「先生はちがうね」と患者さんに認めてもらえ、周りのセラピストからも尊敬されます。イメージもかっこいいです。無料なのでリスクはありません。多くの患者さんがあなたのことを待っています。そして何より・・・楽しくて、人に感謝され、自分がこの世に生まれてきてよかったなと思えます。

もしあなたが、真剣に治療家として新しい人生を歩みたいと思うなら、今すぐ参加してください。僕たちがあなたに、筋膜治療のスキルを叩き込みます。

ただし、この募集は6月25日までの限定募集です。今すぐ行動して、今の 患者さんを救ってあげてください。あなたの手で、、、





PS.よくある質問をまとめてみました…

よくある質問

Q:解剖学の知識が全くありません。触診もほとんどできませんが参加しても大丈夫でしょうか?
A:解剖学や触診のスキルが無くても問題ありません。そのスキルをこの無料セミナーで習得していただきます。大切なのはやる気です。やる気さえあれば、どんな素人でもマスターできる内容になっています。当日は多くのスタッフがあなたをサポートもさせていただきます。
Q:国家資格を持っていませんが、参加できますか?
A:はい。可能です。セミナーに参加される方の47.1%が国家資格を持たないセラピスト(リラクゼーションスタッフ、無資格整体師、体育教師、趣味でセラピーをしていたりなど)です。患者さんの痛みをなんとかしたいと真剣に悩むあなたにこそ、参加していただきたい内容になっております。
Q:こういった勉強会は初めてですが、大丈夫ですか?
A:はい。大丈夫です。参加されている方の8割以上が初めてJPRの講義を受ける方です。
Q:セミナーは実技中心ですか?
A:はい。実技中心のセミナーです。午前中に座学を行い、その後はほとんど実技となっております。実技を習得していただき、明日からスグに実践できる内容となっております。
Q:セミナー中に実技が習得できるか心配です。
A:ご安心ください。講師とアシスタントスタッフを含め多数のスタッフが在籍しております。基礎的なところから丁寧に指導させていただきます。実技系のセミナーが初めてのあなたでもしっかりと感覚を習得していただけます。
Q:セミナーに参加して学べる治療テクニックはありますか?
A:はい。筋・筋膜系の治療テクニックを中心に3~5つ学ぶ事が出来ます。それもど素人の主婦でもその日から使えるテクニックばかりです。
Q:現在臨床経験1年目目ですが、参加可能でしょうか?
A:はい。参加可能です。多くの先生方が実際に参加されています。経験年数は関係ありません。




受講生の声

※個人の感想であり成果や効果を保証するものではありません。

痛みの原因がわかった!

勝部先生 理学療法士

医師の私も推薦します!

伊藤先生 医師

たくさん「ありがとう」と
言われるようになった!

熊切先生 柔道整復師

治療スキルが
上がった!

日置先生 理学療法士

疼痛治療で広く結果が
出せるようになった

比嘉先生 理学療法士

患者さんの痛みに変化が出せる
ようになったのが嬉しい!

林先生 理学療法士

正しい疼痛治療を知り患者さんが
歩行できるようになった!

井上先生 理学療法士

100mも歩けなかった
脊柱管狭窄症患者を治せた!

鈴木舞先生 鍼灸師

「先生に出会えてよかった」
と言ってもらえた!

伊藤先生 理学療法士

痛みの原因がはっきり
わかるようになった!

相沢先生 柔道整復師

スキルが上がって、
どんな痛みにも
対応できるようになった!

富田先生 柔道整復師

ギックリ腰で立てなかった人が
20分の治療で
歩けるようになった!

根岸先生 鍼灸・マッサージ師

触診に自信がついた!

田頭先生 理学療法士

誰でもできる内容だった!

山口あきひろ様 柔道整復師

本気の治療家に
すすめたい!

川合ふみお様 鍼灸学生

痛みの原因が
わかるようになった!

篠崎先生 柔道整復師

諦めてたしびれを解消できた!

内藤先生 理学療法士

治療の幅が広がった!

渡辺先生 理学療法士

患者さんが治療に納得して
くれるようになった!

鈴木先生 柔道整復師

患者さんの
笑顔が増えた!

古坂先生 柔道整復師

臨床が
すごい変わった!

前田先生 作業療法士

治せるようになって
紹介が増えた!

野田先生 理学療法士

すぐに効果が出た!

林先生 柔道整復師

重度の肩こりを治せた!

吉江先生 柔道整復師

患者さんを
笑顔にできた!

南先生 理学療法士

太刀打ちできなかった
患者さんの痛みを治せた!!

高橋先生 鍼灸師

患者さんから感謝され充実した
毎日を送れるようになった!

橋先生 柔道整復師

「治せる」という
自信がついた!

小峰先生 柔道整復師

新しい知識が学べた!

谷先生 医師

臨床が楽しくなった!

柿沼先生 理学療法士




「医療業界最高峰」
医師の先生も
こんなことを言ってくれます…

image
アメリカ合衆国医師
Dr.Naoto Hashimoto
「彼のような理学療法士は日本に必要だ」
自由診療の導入は日本だけでなくアメリカでも必要なこと。
保険診療だけでは選択できる医療は提供できない。
私も自費での診療を導入している。
image
image
医学博士
ペインクリニック学会認定医
岡野 隆利 医師
「診断のスキルにおいては、従来の診断学の教科書より
”もう一段階練り込まれている”と実感しました…」
診断の技術的なものは、従来の診断学の教科書に書いてあるものに比べたら、一段階練りこまれたものだなと。具体的には疼痛誘発動作という、動きで見ましょうっていうのは非常に納得のいくところが多かったです。自分が求めていたものはこれでした。
自分の治療の体系の中に入れさせてもらって、治療の効率が上がっているなという部分は感じています。具体的には殿筋や腰方形筋の評価、筋肉をゆるめる方法の総論などを取り入れさせていただいて、神経ブロックの後の治療に使わせていただいています。
image
image
日本整形外科学会専門医
大西 誠一 医師
「疼痛誘発動作の驚くべき効果。
そして、患者さんへの説得力」
一般的な整形外科の範囲では説明のつかない痛み筋膜の概念を知った途端に説明がつくようになった。
患者さんへの説得力。全然違いますね。まず疼痛を出す、例えば腰部の回旋だったら痛いとか。そして大臀筋を疼痛誘発動作かけると痛くない。患者さんがすごく納得されるんですね。
今まではレントゲン見せて『椎間板がすり減ってる』とか『滑りがある』とか、模型使って説明もするんですけど、患者さんは『はぁ…』と。やっぱり実体験として楽になっているというのをインプットできるので、患者さんにとっても嬉しいと思うんですよ。実感として『ここが悪い』と分かるわけですから。
image
image
医療法人鳥居医院 院長
鳥居 裕一朗 医師
「疼痛誘発動作のおかげで、
びっくりする治療効果が出ています」
筋膜と経絡との関係を医学的に解明。これは本当に約に立つんだとセミナーに参加してさらに実感。
患者さまも疼痛誘発動作には本当にびっくりしています。現状の診療に組み合わせることで相乗効果を生んでいます。