メールアドレス(必須)

以下の内容に同意の上ご登録ください。

当社では、お客様よりお預かりしました個人情報を、セミナーの開催、書籍、CD、DVD、教材等の販売業務において、下記の目的で利用いたします。

無料ビデオ申込みされた方の個人情報:サービス実施とメールマガジン配信のため

また、法令の規定等による場合を除き、お客様の同意を得ずに第三者に提供することはございません。前述の利用目的達成の範囲内において業務委託する際には、選定基準に基づき個人情報を安全に管理できる委託先を選定した上で当該委託先を適切に監督いたします。個人情報の提出については、お客様の自由なご判断にお任せいたしますが、必要事項の中でご提出いただけない個人情報がある場合、サービスの一部をお受けいただけない場合がございますのでご了承下さい。

メールマガジンの送付
当社では、お客様よりお預かりしましたメールアドレスを、当社よりお送りするメールマガジン(広告を含む)の送付のために使用します。 メールマガジンの送付を希望されない場合は、当社から送られるメールマガジンに記載されている解除手続きにより、解除をお願いいたします。あらかじめ同意の上、お申し込みください。

個人情報の利用目的の通知,開示,内容の訂正,追加又は削除,利用の停止,消去及び第三者への提供の停止については、下記までご連絡ください。

株式会社 藤井翔悟 事務所
個人情報保護管理者

株式会社 藤井翔悟 事務所
〒604-8172京都市中京区烏丸通り三条上る場ノ町596 ハイツエスメラルダ709
TEL:075-748-1410(土日祝を除く10~17時)

※ご登録すると藤井翔悟のメールマガジンが届きますがワンクリックでいつでも配信解除ができます。

  • 2018年7月11日

【進呈】藤井の”未公開”の腰痛治療の秘密

 

From 藤井翔悟
京都市の治療院より、、、

 

 

僕の本発売してですね
1年は経たへんけど半年くらいかな、、、

 

 

ちょっと忘れましたけど
まだめっちゃ売れてるみたいですね。

 

 

アマゾンの販売でさすがに
1位とか2位じゃないですけど・

 

 

定期的に
出版社から連絡くるんですけど

 

 

毎月100冊くらい
売れてるみたいです。

 

 

まぁ100冊が多いか少ないか
わからないですけど

 

 

けっこう
売れてるみたいです。

 

 

この本のいいところは

 

 

ちょっと宣伝みたいに
なってますけど

 

 

この本は
筋膜のつながりの疼痛治療を
ぜんぶ学べるってことです。

 

 

治療テクニックも
4個か5個、学べます。

 

 

しかも
動画でみれるように
なってたりするので

 

 

超実践的な本になってます。

 

 

ですから
運動器疾患分野で
働いておられて

 

 

Fasciaの存在を知って
筋筋膜を使った疼痛治療
がしたい方。

 

 

骨だったり神経ばっかりみてても
改善がでないような方。

 

 

そんな方は筋筋膜でどれだけ
痛みが改善できるのかについて
ここに全部語られてますから

 

 

ぜひまだの方は
チェックしてください

 

 

で今日もやってくんですけど
最近個人的にうれしいことがありました。

 

 

オランダのテレビ局にですね
うちの会社が取り上げられて

 

 

普段の活動を
取材していただけたんですね。

 

 

そこでオランダの政治家と
対談させていただきました。

 

 

政治家の方と
対談させていただいたあと

 

 

僕の施術も
受けてもらえたので

 

 

ひじょうによかったと
思うんですね。

 

 

これからも
世界へどんどん広げていって

 

 

日本に対して
いいものを提供できるように
続けていきたいと思います。

 

 

まさに
世界に誇る藤井ですね(笑)。

 

 

ま、自分で言ってますけど、、、

 

 

はいでは腰痛について
今日も話をしていくんですけど

 

 

なんでこの話を
していくのかといったら

 

 

何回も言いますけど
腰痛の85%は原因不明だと
厚労省で言われたりするわけです。

 

 

ですから
アプローチの仕方について

 

 

なかなか
一番改善率の高いものが
なんなのか確立できてません。

 

 

これが
現状なんですね。

 

 

とくに日本は
西洋医学にかたよりすぎてるから

 

 

腰がいたくなったら
一番最初に整形外科なんですね。

 

 

けど
レントゲンでみて

 

 

薬出されて
牽引やって
あっためて…終わり。

 

 

それで
腰はよくなりませんでした、、、

 

 

それでだんだん
整形外科にたいして

不信感を持って

 

 

患者さんがうちに来られます。

 

 

世の中一般的に
こうゆう人が増えてきてます。

 

 

例えば僕の知ってるおじさんも
腰が痛くなって
どこ行くかって言ったら

 

 

やっぱね
整体院行くんですよ。

 

 

行かないですよ最近
いきなり整形外科にね。

 

 

そうゆう現状は悲しいし
僕はもともとPTで

 

 

整形外科で働いてたんで
そうゆう現状も変わってくれば
いいなって思ってます。

 

 

じゃ今日も
腰痛の話していきますけど

 

 

今日は「しびれ」ですね。

 

 

下肢のしびれについて
考えていこうと思います。

 

 

患者さんで
こうゆうふうに足があったとして

 

 

足の内側がしびれてる症例が
あったとするじゃないですか。

 

 

JPR協会に来られてる方だと
殿筋のリリースとかすると思うんですが
取りきれない時ってありませんか?

 

 

そこで
今日みていただきたいのが

 

 

腸骨のふちと
仙骨の交わることころを
みてくださいって話です。

 

 

-藤井翔悟

 

 

P.S:【7/12(木)まで】
「膝なんて何しても痛みとれないんじゃない?」と
治せず諦めかけているあなたへ、、、

https://xn--mdki1ec4579albbc20bevewt1c79o2yf78f.com/hiza-oa/03/

 

 

 

 

著者

shogo-fujii

日本疼痛リハビリテーション協会 代表
3年間の病院勤務を経て独立開業。独立後、治療院はその疼痛緩和テクニックを使って初月にいきなり87万の売り上げを上げ、2ヶ月目には134万売り上げる。その後も治療院はリピーターで絶えず、毎月120万以上の売り上げを常にキープしながらその傍らで日本疼痛リハビリテーション協会を設立。弟子の育成に励む。今まで改善困難だと思われていた、痛みとしびれを訴えられる患者様に抜群の治療結果を残し続けている。また、開業志望のあるセラピストに対してコンサルタント業務も行うなど幅広く多彩な活動を行う。

メルマガ登録

以下にいつも使っているメールアドレスを正しくゆっくりと入力してボタンをクリックしてください。

メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る